ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

目線がカップからボールに移った瞬間にフォワードプレスを入れて打つ

2013年07月18日

前回のショットと同じ始動のきっかけをパターで行います。

 

動画に見られるように、カップから目線がボールの頭上に来たら、間髪いれずに左手甲のフォワードプレス(前方に押す)をきっかけにバックスイングを始めます。

 

このほうが、小気味良いタイミングでヒットできて、ヘッドに慣性(勢い)が加わるので、もの凄くフィーリングが出ます。(まずショートしなくなる)

 

左手甲を前方に押す場合もフィーリングが要求されます。

例えば、ロングパット上りだったら、クイックで5〜7cm位の幅で押し、ストロークも速い(ヒット感が強い)。下りショートパットだったらスローで1〜2cmの幅で押し、ストロークはゆっくり(ヘッドがボールを追いかけるぐらい押し流す感じ)です。

 

フォワードプレスのイメージはこんな感じです。通常パターのロフト角は5〜7度あります。このロフトを上から見て0度にする気持ちでフォワードプレスします。インパクトの時、ロフトが寝過ぎると、ボールが跳ねて予想以上に滑る原因となるから、サイドスピンが起こりやすいんです。実際、フォワードプレスで0度にするつもりでも、ヘッドの戻りを感じてインパクトを迎えるので3度位の適正ロフトで収まります。

 

スイングやパターのストロークは生き物で、常にどこかが動いて流れています(power flow)

良いテンポで打てるように心掛けて下さい!


Archives

website by Cube Net