ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

トップやダフリをなくす! 腰の高さの素振りでヘッドを落とすイメージを持つ

2013年07月25日

アマチュアの皆さんにアイアンやフェアウェイウッドのトップやダフリが多いのは、打つ前の準備段階でクラブをビュンビュン振り回しすぎるからである。

大事なことは、インパク時の打点のイメージ、すなわち体の正面にヘッドを戻せてるかなんです!ほとんどのアベレージプレーヤーはヘッドを振りまわして、手をこねていることが多い。

腰の高さのハーフスイング素振りが有効です。腕を振り上げる動作がないので体の回転と同調しやすい。プロや上級者もこのスイング幅でクラブが体の正面にいるかいつも確認している。そこから先はクラブの遠心力による惰性で両腕が体に巻きつくだけのこと。

小さな素振りでも、下半身が先行して胸の面が正面を向こうとする瞬間に、ヘッドが少し遅れて下りてくる。その時にヘッドの重みで自然落下して体の正面にヘッドを落とす(ヒール側で打点(芝)をブラッシングする程度)ことがポイントになります。

ヘッドを体の正面に落とせてるということは、体の正面で捉えられているというサインになりますので、とても大切なことです!

ヘッドを落とせた後は、目標の左に振り抜いていきます。この時、左脇をしっかり締めて、クラブヘッドは左肩より下を通過させるイメージで低めのフィニッシュを心がけて下さい。たいがい、トップダフリが多い人はフィニッシュが高くなる傾向があります。


Archives

website by Cube Net