ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

トップの位置は考えない!コンパクトスイング編

2013年08月01日

G1では「トップスイングは作るんじゃない!勝手に上がっちゃうもの」と昔から言っています。それぐらいトップの位置を意識し過ぎて、スイングをギクシャクしちゃっている人が多いんです。

 

バックスイングは体の回転と腕の振り上げを同調させることがとても大切です。動画にも見られるように、胸を回転させて脇腹がちょっと窮屈に感じる辺りで、胸の正面に左腕を伸ばして右手を下から支えたところがベスト!または簡単トップ形成ドリルをやってみるとわかります。

 

グリップは右胸(右頬)の横で両腕は胸の幅に収まり、両脇も締まっています(コネクションバッチリです)。正面から見て時計の位置で言うと、グリップが9時半(左腕が地面と平行よりやや上)でシャフトが1時を指すことになります。これは、あくまでも理想で「体を回したら両腕は体の正面にある」といったぐらいのイメージ上のトップであって、そこに上げなくちゃいけないということではありません。

 

9時半より先は両腕をリフトする動作が入るので、意識的に「腕のビシッと伸びた高いトップの位置」や「最大限肩を深く回してやろう」と思うと、力みから軸ブレ(上体が傾いたり、脚が動き過ぎる)や脇が甘くなりミスショットの原因になります。

 

私が推奨している腰回りを8figureループさせるイメージで、腰の高さで脇をかるく締めてハーフスイングを繰り返すと腕も体もしなって、上げる時に一瞬クラブヘッドが置き去りにされる(ソールが芝をこすっていく)感がある。グリップもソフトになって手首に自由性を感じられ、シャフトが体に巻きつくように感じられるはずです。普段胸の回転を意識できない人も胸のしなりも感じます。

 

これぐらいのリラックスした感覚でグリップが右腰の前を通過するあたりでタイミング良く右肘を折りたたみ(ヒンジング&コックを入れる)、胸の回転と同調させると、9時半のあたりでふっとグリップが軽くなります。ここがもう切り返しのタイミングなんです。意外にコンパクトな感じがしますが、クラブと体の回転には勢いがあり、その間に下半身から切り返しが始まるので、上下の捻転差(タメ)は半端じゃありません。

これらの感覚で練習をしていると、自然とトップ位置を意識しなくなります。皆さんにお薦めです!


Archives

website by Cube Net