ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スライスを治すには「上げて下ろす」じゃダメ!「インサイドアタック」が正解

2013年08月02日

ゴルフは「上げて下ろすだけ」なんてよく言われるけど、これはある程度上達した人のセリフです。初心者やスライサーがこの言葉を鵜呑みにしたら、いつになってもアウトサイドから下りてくる軌道は修正できないでしょう!初心者やスライサーのレベルでは「上げて下ろす」は上げた軌道をなぞるように下ろすと解釈しちゃうからです。

 

動画に見られるように、ボールとボールの2点間を軌道が外れずに真っすぐ引いて真っすぐ戻しなさいと言われたら、緊張で先がブレてスムーズさがなくなります。ゴルフでも同じことが言えます。鏡を見てスイングプレーンをなぞったところで、身体が開いてクラブは外から(シャフトが首を切るように立って)下りてきます。要するに手打ちです。

 

それを、タイミング良く行ったり来たりさせて毎回一貫した動きで直線が引けている時は、実は鞭のように柔らかいしなりがあって、切り返しの出口で小さなループを描いているんです。それは野球のバッティングやテニス、その他スポーツでも自然にやっている動きです。角のないループはタメが効いてタイミングが取りやすく、柔らかいスイングができるんです。オーケストラの指揮者も静寂な伴奏の時はそんな雰囲気を持っていますよね!

 

角のあるスイングというのは、肩に力が入ってグリップがガチガチ。タメがないから上体から打ちにいっちゃう。こいつとおさらばするには、ソフトグリップに持ち、遠心力を感じて体の周りをまーるく振るスイングを目指すのが一番!自分から見たら内側から外側へ(インパクト)そしてまた内側へのスイングです。腕も体幹も全体でしなりを感じ(親指と人差し指で鉛筆をつまみグニャグニャ曲がって見えるように)ないとできません。

 

これまでの8figureターンのループスイングを参考にしながら、動画に見られる右肘のしなりを参考にしてください。体の幅から外れないように右肘を絞りインサイドからシャフトが体に巻きつくように下りてくる感覚です。初心者はしっかりインサイドから下ろす意識(インサイドアタック)ができないと、いつまでたっても上達が望めません。

 

初心者やスライサーにとっては「上げて下ろす」なんて簡単な言葉は効き目がないということです!


Archives

website by Cube Net