ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アプローチが上手くなる、グリーン周りの下りで速い時の打ち方

2013年08月08日

この打ち方は「タラタラ」と言って、以前から紹介しています。リョウ君は冬の硬いグリーンでも、この打ち方でバンバン寄せていきます。基本はグリーン周りです。硬いコチコチのグリーンはもちろん、エッジからピンが近い下りのライ、砲台グリーン(馬の背)、バンカー越え下りのピンなどに有効的です。

 

これを使えるようにするには、振り方に秘密があります!まずはグリップを短く持ち、重心を低くしてハンドダウンに構えます。ボール位置は左足踵線上、フェースを開きオープンスタンスにします

 

動画に見られるように、スイング中の体の回転スピードと腕の振りは等速度でゆっくり振ります。その間、グリップはすっぽ抜けない程度にソフトに握り、右肘にヘッドの重みを感じます。打ち込んだり急に力を入れたりするのは厳禁!体の周りをスタンスに沿って丸く振るイメージが大切です。

 

ポイントは右手のひらを上に向けて体の回転と一緒に、最短距離で左頬をタッチ出来るように右肘を畳む動きが大事。その動きに合わせて左肘もすぐに畳みます。要するに当たったらすぐにヘッドが上昇しなければならない。クラブの入れ方は、ヒール側からボールの下に滑り込ませ、トゥ側へ抜けていく感じで、ヘッド上部裏側が地面をこするぐらいフェースが真上を向いて振り抜きます。(フェースにボールをのせる感じ)

 

打った後はリーディングエッジが真上を向いてフェースが自分の顔の方を向く、左肘は脇を締めて招き猫のポーズになります。

 

アンデュレーションのあるグリーンでは多用する場面があるので、練習しておいた方がいいでしょうね!


Archives

website by Cube Net