ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

スイングBefore・After (85)

2013年08月11日

本日の生徒さんは5日間のトレーニングコースに参加してくれたゆうこさん(アベレージ90前後)です。ゴルフ大好き人間のゆうこさん。80代前半で回れるようになりたいとのことです。フックボールで果敢に攻めますが、ちょっとボールがドロップ気味なのが気になります。フェースローテーションを抑えて、高いキャリーボールのでるスイングに改造したいと思います。

 

(スイングの改善点)

 

1. 両肘を突っ張って構えるので、肩・肘・首にテンションが加わり、脇と胴体をつなぐコネクション(連結性)に欠ける。胸襟を開き、両肘でクラブを吊るように持って上腕内側で胸を挟む構えに修正。ソールしている時は首を長くして肩をストンッと落としてなで肩に構えて重心を下げる。クラブの遠心力が使える、力みのない上半身の構えにしてからスイングプレーンが安定。グリップ力はこれまでの3分の1ぐらいで丁度いい!指の爪が白くならないように気をつける。

 

2. バックスイングで手を遠くに上げる意識から、゛手上げ゛(リフトスイング)になっていた。バックスイングの始動は胸の回転から始める(両肘の間にボールを挟んで落とさないようにまわす)。ヘッドは一瞬置き忘れるぐらい胸で上げる意識が必要。上腕内側で胸を挟み、右肘を畳みながらクラブヘッドを真円軌道に乗せるイメージ。(本人はこの感覚を円盤打法と最後まで言っていた。グリップエンドを支点にして、ボールと両脇を結ぶラインに斜めに立てかけた円盤を意識)フラットなプレーンで振れるようになり、かなりオンプレーンに近づいた。

 

3. フォローで左足の上にスーッと立てるように、ウォークスルードリルを敢行。フォローまで前傾を崩さないように、右肩が左肩の元の位置まで押し込みながら回転。そして、フォローでクラブヘッドが左肩より上がらないように、左脇を締めて左45度の方向に振り抜く。この時、無理に頭を残そうとしないで打球をすぐ目で追うようにする。右目で下から見上げるフィニッシュが修正され、体の回転がスムーズになった。

 

4. トップスイングからフェースをスクエアに戻そうとすると、トゥが被って右脇が開いて下りてくる(フックの原因)。打球するまでトップ時の右肘の角度をキープした状態で、胸が開かないようにインサイドから下ろす練習をした。ヒールが先に着地したら鋭くインサイドに低く振り抜くことで、フェースローテーション(手の返し)のないスイングを目指した。

 

リョウ君同様、お母さんのゆうこさんもドライバー&アイアンで20ヤード飛距離アップを達成。手を返してドロップしていた打球もフェースに乗せて運ぶようになって高くキャリーのでるボールにBIGチェンジ!あっという間の5日間でしたが内容の濃いレッスンができて楽しかったです!


Archives

website by Cube Net