ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ダウン時の右肩の突っ込みを矯正 体の正面で打つ感覚を覚える

2013年08月19日

これは体の正面でインパクトを迎えるためのドリルです。アキさんはパワーヒッターですが、ダウンで右肩が突っ込む癖があります。

 

動画に見られるように、クラブの半分のところを持って、グリップを左腰に当てて両手を体の正面に構えます。胸の回転で両腕の三角形を崩さずにバックスイングしたら、両手が右頬の横にあって、胸との間にふところがあることを確認。(右肘の角度は90度です)

 

トップスイングでは背中が目標を向いてすぐに左サイドが開かないように感じます。そこへ前傾している両肩の真下に両腕の三角形を呼び込んで、再びグリップを左腰に当てます。この時、トップ時の右肘の角度を変えないで、右脇を絞りながら体のセンターに呼び込むのがポイントです!

 

また右肩が突っ込まないようにするには、ダウン初期から左コメカミ辺りに壁を感じて、アゴの高さをキープしたまま、このモーションを行うとより効果的です。要するにいつも言っているように、やや胸のラインが半身(右を向いた状態)で呼び込めるようになると、窮屈な右サイドが抑制され、スパンッと抜けが良くなります。

 

これが、左サイドのリードで打つ感覚の第一歩です。フィニッシュに向かって両腕が体幹に巻きつくように振れて、フィニッシュまでクラブが体の正面にいますね!

 

フォローからフィニッシュに向けて両腕が目標に出しっぱなしの方は、間違いなく軸がブレて体が前に突っ込むタイプです。このドリルで修正間違いなしです!


Archives

website by Cube Net