ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

飛ばすゴルフ 内腿筋を使う

2013年08月24日

タックンはスイング中、脚が動き過ぎる嫌いがある。これだと、軸がブレるので捻転を感じない、手打ちになって打点が安定しません。

 

要するに足裏で地面をしっかり捕まえていないのです。これはアドレス時に内腿筋を稼働させることで解決できます。動画に見られるように、太腿の間にボールカゴや硬めのスポンジボールみたいなものを挟んでスイングさせます。

 

アドレスでは股間を引いて内腿を中に絞るようにしてボールカゴを挟みます。この時、足指全体で地面をわしづかみして、土踏まずにエッジが効いている状態をつくることが重要です。バックスイングでは右膝をキックインさせてからタイミング良く胸の回転主体で上げていきます。この時、両膝のラインが揃って両足土踏まずの間で押し合いへしあいしています。この感覚が軸中心の捻転をつくりだします。左膝が前に折れて、右膝が伸びちゃうのはよくありません。これだと全く体が捻じれていません!

 

ダウンでは両膝のラインが揃ったまま平行に押し込んで左膝を元の位置まで戻します。インパクト付近では左膝が正面を向いて、内腿に挟んだカゴがかなり潰れて大腿部の筋肉が隆起して硬くなります。ここまで股間は中にしまっておいて腰が伸びないようにします。フィニッシュでは両太腿が完全にくっ付いて、カゴをぶっ潰します。左足の上でスッと立ったインバランスのフィニッシュを取るには、両内腿をしっかり締めると共に、左膝に余裕を持たせて左足の裏で地面を真上に蹴る動きがカギになります。

 

内腿に緊張感を持ってスイングすれば、体幹がブレずに捻じって捻じり戻す動きができるようになるので、飛ばしに直結します。タックンもこれで15〜20ヤード距離が出るようになりました。ぜひ、意識して練習しみて下さい!

内腿を鍛えるトレーニングはこちら↓↓↓

内腿トレーニング

クラブを振り切るだけの筋力をつけよう(7)

クラブを振り切るだけの筋力をつけよう(6)

ゴルフスイングに必要な筋トレ 大腿部・臀部・体幹部編


Archives

website by Cube Net