ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

飛ばすゴルフ シャロープレーンで打て!前上がりのライ編

2013年08月30日

日本合宿で感じたことですが、以外にも前上がりのライが苦手な人が多いんです。体重が右に残りやすくダフッて左に飛ぶか、左へ飛ぶと思って右を向き過ぎて、さらに難しい方向へ打ってしまう人などなど。

 

G1出身者はこのライをいとも簡単にやってのけます。これまでプロになった者、研修生、初心者まで、皆この前上がりのライでシャロープレーンに振る練習をしてきました。シャロープレーンと言うのは、構えた時のシャフトと地面で作られる角度が浅いこと。皆さんのイメージは「前上がりのライは左へ飛ぶから右へ向け」が定説であるが、G1では手を返さずに真っすぐ飛ばします。

 

イメージは膝・腰の高さにあるボールをバットスイングみたいに横振りします。この時、前から飛んでくるボールを打ち返すような気迫で、へそを引っ込めたまま右腰を水平に押し込みながらスイングします。しっかり振りきれた時は、平坦なライより飛びます。

 

動画に見られるように、右手のひらが上を向き、その上に左手を合わせてインサイドから腰の回転で体の正面に戻した時に右手のひらが目標を向きます。そのまま脇を締めて目標の左へ振っていきます。ボールの捉え方はクラブのトゥ側を上げて、ヒール側で芝をこすっていく感じです

 

イメージはフェースが開いて真上を向いたまま、かなりインサイドから横殴りのような感じで下りてきます。これぐらいでないと、インサイドアタックはできません!クラブを立てたまま振ろうとすると、トゥ側が被って手打ちになります。体の回転が止まった瞬間、フェースが返ってフックします。

 

この感覚で平らなライで打つと低く飛んでいきそうな感じがするが、インサイドアタックができていればボールは高く飛んでいきます。ターフも薄くほとんど取れません。

 

若い人や体の柔らかい女性はダウンの時に上体が起きて、両手を目標に突き出す傾向があります。インパクトで手の位置が高くなると、左へ振り切るスペースがなくなり、詰まってあらゆるミスを誘発します。アウトサイド軌道が治らずいつになっても弱々しいスライスを打っている方、縦振り何十年やっているが上達しない人などなど。この練習がベストです!


Archives

website by Cube Net