ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

飛ばすゴルフ ダウンスイングで右足踵が早く上がる人へ

2013年09月12日

タックンはバックスイングで右の股関節が切り上がらない(右足土踏まずにエッジが効かない)うちに、体が開いて右サイドが突っ込む癖があった。打ち急いで、上体のほうが少し強いのです。

 

動画に見られるように、右腰が伸びて右足踵が直線的に上がってしまうと軸が左へ傾き、クラブが外回りして引っかけやスライスが出やすくなります。

 

スイングと言うのは、上体をコイル(捻転)すると同時に下半身をターゲット方向に動かすことによって、ダイナミックなスイングが生まれます。この時に捻転角度差(右股関節の切り上がり)を維持したまま、少しだけ腰を水平移動してやるのがベストですが、このタイミングがなかなかつかめないで苦労しているかたには、こんな方法もあります。

 

タックンの場合には、腰の左への水平移動は不要にしました。ダウンでは頭部をボールの後方線上に残し、インパクトまで6:4で右足荷重の感覚を持つ。切り返し時には右のお尻下にある小椅子に腰掛けるイメージを持ち、右股関節を伸ばさないように腹圧をかけて踏ん張ります。

 

この時、両膝のラインが揃って右足がベタ足(土踏まずで進行方向に押す感じ)であることが望ましい。椅子に腰かける感じなのでこれをシッティングダウンと言います。なんとなく、藤田寛之選手のダウンに似ていますね!

 

インパクトまで荷重移動と左肩の開きを我慢したら、一気に胸を目標方向に突き出すように回転していきます。(進行方向からサッカーボールが飛んできて胸で受け止める感じ)

 

ダウンで右サイドが伸びなくなって、引っかけとスライスが解消!インサイドアタックができるようになって、飛距離が大幅に伸びました。

 

コーチングに絶対はありません。その人の技量、パワー、柔軟性、巧緻性を考慮して、その方にマッチした方法を構築することが大事なのです。


Archives

website by Cube Net