ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

寄せるアプローチ 落とし所を見て素振りすると距離感が良くなる

2013年09月13日

球をカップに寄せる・入れるにはそれなりのプロセスがある。特に一発勝負の飛ばしよりも、コントロールが要求されるショットには、一貫した動作で打ち、同じ弾道が要求されます。

 

全体的なルーティーンワーク(打つ前の準備動作)の中でも、特に素振りのパートはとても重要です。球をどんな弾道でどこに落としてどのように転がっていくといった視覚的イメージ(Visualization)をクリアにすることがこのパートの役目です。

 

私が薦めているのは、左肩越しに目標(落とし所とカップ)を見ながら、素振り(ヘッドの重みを感じてソールで地面を滑らせる)を3回行った後、半歩前に出てソールしたら、もう1回目標を見て目線がボールの上に戻って来たら間髪入れずに打つ動作です。

 

素振りの時に気をつけることは、出来るだけ顔が目標に正対すること。その方が正確な距離感が出ます。そしてヘッドの重みを感じながら、首から下の大きな筋肉(胸・背中・腹筋)と両腕の三角形とクラブで出来るYの字を同調させて、振り子のようにワンピースに動かします。

 

ボールへの関心はゼロで、目から入ってきた情報Visualizationに対して、自然に体が動きだすような、神経回路を構築していけばいいんです。

 

5m離れて正対した人にボールを下手投げで放る時に、握り方はこうで、手は肩の高さまで振り上げてなんて考えて投げる人はいません。何も考えずにぼんやりと見える相手の胸にめがけて放るだけです。

 

そう!アプローチを難しくしているのは自分自身なんです。バックスイングはこの辺で、下ろす時はこのぐらいの力でって、考えるからいけないのです。試験的にも大体このくらいって上げた時には、そこから約20〜30%増の遠心力が加わってオーバーワークになっていることが多いんです。

 

この素振りができれば、正確な振り幅が形成されるので、ミスショットは激減するでしょう。

ゆう子さんもタックンもまだまだぎこちないですが、継続していれば、寄せワン率向上に役立ちます。ぜひ、参考にしてください!


Archives

website by Cube Net