ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ダフらないアプローチ 左足下がりのライでヒットダウンを覚える

2013年09月27日

初心者は皆、すくうように打てばフワーッと球が上がってくれると思うものです。しかし、下から上にすくうように打つと、クラブヘッドの着地点(最下点)がいつもボールの手前に来るので、ザックリかトップが出てしまうのです。したがって、入射角を考慮して練習する必要があります。

 

こういう時は適度な左足下がりのライで練習するのがベストです!傾斜なりに左足荷重で構え、ボール位置は右足寄りでハンドファーストに構えます。

 

傾斜に沿って振ると、いつもよりクラブを早めにピックアップして、目標の左斜め下に向かってヒットダウンする感覚が分かります。ヒットダウンとはクラブのリーディングエッジがボールの赤道部から入って斜め下に振り下ろす感覚です。こうすると、エッジ部が最初に地面に着地する最下点はボールの1cm先になる。

 

クラブの半分ぐらいのところを持ち、グリップの部分を左腰に当てて構えます。胸の回転でバックスイングしたら右肘を畳んでホールドします。ダウンの始動は両膝を左へ回す動きに伴い、グリップ部分が再び左腰に限りなく近いところに戻ってきます(これをスロットルに入れると言う)。

 

このスロットに入れる感覚で、ヘッドの重みを感じながらソフトにヒットダウンする練習をしましょう。ダフリ&トップボールのミスが確実に減るでしょう!


Archives

website by Cube Net