ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ 体の開きを我慢するってこと

2013年09月28日

ボールを打ちにいくタイプというのは、バックスイングしたら素直に右手で打ちにいくから、軸が左に突っ込んで体が開きやすくなる。目の前(腰の高さ)に置いてあるケーキを我こそは一番と手が伸びる子供のようにね。

 

上級者は我慢の仕方が違います!目の前にあるケーキにも慌てず、背中を目標に向ける余裕を見せる。左肩の開きを抑えつつ、左の脇腹と腰から捻じり戻すと右肘が絞られながらストンッと腰の横に落ちてきて右脇が締まります。右手のひらは右腰骨の回転と共にゆっくりとお尻の横から半円を描いて体の正面に戻ってきます。

 

左肩も開かないで右手のひらを待っていた甲斐があったもんだ。なんか、お腹まわりが硬くなっているぞ。もうそろそろいいだろう!ケーキをかっさらって左へ回転しちゃえ。左太腿付け根に荷重が乗って、左斜め後方の台の上にケーキを再び乗せることもできるんだ!

 

スイングの前半は体の左側がたくさん活躍して右側はおとなしいけど、後半は右側が積極的に動きます。腰の高さにあるものだとイメージしやすいので、スローモーションで最後に出てくる右手を体感して下さい!


Archives

website by Cube Net