ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

EPON (遠藤製作所) AF-503 アイアン試打

2013年12月27日

10月の那須合宿の時にエポン(遠藤製作所)のクラブを試打しました。

 

私はこの500シリーズのアイアンが大好きで使用しております。前作の502もそうですが、打感がとても柔らかく、手に残る衝撃を吸収してくれる「ファジーインパクト」設計だからです。不思議なくらい上から「ガツン」と打ちこむイメージが湧いてきません。ソールが滑って前ターフが薄く削れる程度なものです。

 

新作のAF-503は球が潰れてフェースに吸いつく感覚があります。テニスラケットのガットみたいにに吸収してから弾き飛ばす感じです。そのため、ボールをフェースに乗せて運ぶフィーリングが湧いてきます。それでいて、ボールを前に押し出す直進力が非常に強い印象があります。

 

顔は前作より小顔になり、グースもさほどきつくないので、スクエアに構えやすい。ストロングロフト設計なのにソールが幅広で重心深度があるため、オフセンターヒットに寛容で、球が上がり易く捕まりが良くなりました。

 

またラインを出していきたい状況時でも、シャローな入射角でロフトを立てて振るだけで、糸を引くような強弾道ボールが簡単に打てる。頼もしいアイアンです。

 

ポケットキャビティタイプは小細工の効かない飛ばすだけのアイアンが多い中、打感がソフトなので何でもできちゃう気がしてくるアイアンです。


Archives

website by Cube Net