ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

ショートアイアンのオーバースイングは百害あって一利なし 2

2014年01月07日

シュンさんです。ショートアイアンの弾道が高いのがお悩みです。

 

原因はオーバースイングで力任せに打つので、入射角がバラバラ。すくい打ちの時はスピン過多で風に煽られ、強く上から打ち込んで手を返した時はドロップして飛び過ぎちゃう。なんていうことが多々あります。

 

これを矯正にはで50-80Yの距離をロングアイアンを使い、地を這うような低弾道ライン出しシヨットを練習するのが一番良いんです。

 

低弾道を打つには、スタンスを狭く、クラブを短く持ち、できるだけ近く立つのか鉄則。かつロングアイアンで超低弾道となれば、重心を低くして、ハンドファーストに打たざるをえない。(低く長いインパクトゾーンの意識)

 

これとまったく同じイメージでショートアイアンを打てば、打ち込み過ぎることなく、リーディングエッジ下部で拾っていく感覚が身につきます。
ショートアイアンでオーバースイングに悩み、かつ高弾道過ぎる方に必見です!


Archives

website by Cube Net