ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

グリーンが重いと感じた時は迷わず9番アイアンでアプローチ

2014年02月22日

グリーンの転がりがちょっと遅いなと感じた時(朝一の濡れ露、肥料・砂撒き、午後芝が伸びる、高麗芝)に迷わず使って欲しいのが9番アイアンでのアプローチ。AWやSWで20ヤード以上打つのはちょっと苦手と言う方にも向いています。

 

元々、AWやSWといったロフトの多いクラブで、ボールに推進力を与えてスピンで止めたり、相殺したりする技術は、普通のショット以上にしっかりとした体重移動とフェースコントロールが必要とされます。なので、よっぽど練習していないと一貫した動きはできません。ですから、練習不足のアマチュアの皆さんには9番アイアンのほうが簡単で寄る確率が高いのです。バックスイングも小さくて済みます。

 

動画に見られるように、両肘を曲げてクラブを吊るようにアップライトに構えてグリップ(パターグリップでも良し)を短く持ちます。両肘を曲げるのは、近く立ててコントロールが良いのと、肘がクッション(緩衝剤)の役目をして、強い打球になるのを防ぐためです。ボール位置は左足親指の前に置き、シャフトはできるだけ真っすぐ構えます。

 

ここまで見ると、9番でのブラッシングアプローチのように思えますが、この打ち方は振り幅を制限しません。(ブラッシングは7時から5時及び8時から4時の振り幅と小さめ)また、ブラッシングは打点の最下点がボールの1cm前なのに対し、これはボールの真下に滑り込ませる感覚です。

 

前傾を崩さずに、胸の中心である胸骨を左右に揺らして両肩と両肘で作られる五角形を崩さないように振り幅1対1のストロークの中でボールを捉えます。この時、両膝の飛球線方向への押し込みと回転を同調させると、より柔らかい打感でヒットすることが出来ます。

 

フェースの開き具合でスタンスとボール位置を調整、高く上げたいなら、フェースを開きボール位置は寄り左でつま先前に置くといった感じです。

 

9番アイアンって本当に使い勝手が良いんです。オージーの子供達は7番や9番アイアンで転がしたり、高い球を打ったり、バンカーで使ったり、多彩な技が豊富です。


Archives

website by Cube Net