ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

Good Swingになりそうです!

2014年04月02日

来豪して間もないのに、著しい成長を見せているリョウ君。目指すはベンホーガンやガルシア、アルバロ・キロスのようなタメの効いたシャロープレーンスイングでベイビーフェードを打つ!

 

来たばっかりの時は右から回すフックで飛ばしていましたが、すでに柔らかく飛んでベイビーフェードを打っています。

 

正面から見ると、クラブが上がっている最中に下半身から切り返している(ワインドアップ)様子がよくわかる。シャフトが背中に巻きついて下りてきてタメが効いている。インパクト直前の右肘の位置低く、重心が変わらないので低く長いインパクトゾーンを実現している。

 

後方画像から見てもわかるように、切り返しから左腕が地面と水平になるポジションでグリップエンドが飛球線後方線上より前方をさしているでしょ。インパクト時には右肘が曲がったまま左へ振り抜いています。シャローアングルでインサイドから振れている証拠です。とても良いです!

 

トップで左手甲に少しカップドリスト(甲側におる)を作り、シャット気味のフェースを矯正したい。トップも少し低いので、これで修正できる。

 

また、トップからの切り返しで右サイドがグッと沈み込むシッティングダウン(タイガーも顕著に見れる)の形はとても良いのですが、腹筋が縮んでアゴが前に出た時にミスヒットになる。この辺は体幹トレーニングで強化したい。

 

今後のスイングづくりが楽しみです!


Archives

website by Cube Net