ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ 正しいエクステンション・フォローを学ぶ

2014年04月09日

「フォローでしっかり手を伸ばせ」、「頭とヘッドで引っ張り合え」。確かに上級者のスイングをビジュアル的にみたらそう見えます。ただし、これらは体幹の回転と腕の振りを接点とする両脇の締め(連結性=コネクション)を前提として、ヘッド側に遠心力、グリップエンドとおへそを結ぶラインに求心力といった拮抗した作用が働くことで、そう見えるだけである。

 

実際は自分から能動的に両手をビシッと伸ばしているわけではないのである。

 

動画に見られるように、アドレスで両肘と両腰が向き合い、腰の高さの振り幅で両肘両腰が同調しながら回転して、クラブヘッドは分度器のような円弧を描く。これはベン・ホーガンが説明しているようにスイングの基本中の基本です。これをElbow Swingと呼びます。

 

この流れでバックスイングでは右肘をたたみ、フォローでは左肘を蝶つがいのようにたたんだら、フルスイングになっちゃいます。以外とグリップエンドはおへそから離れずに、両肘で胸を横から挟んだままクラブを目標の左へ振っていく感じがするはずです。

 

意識的にフォローで両手を伸ばそうとする動きは、スイングをギクシャクさせて様々なミスを誘発します。遠心力の効いたElbow Swingを行えば、誰でもきれいに両手が伸びたエクステンションフォローを実現でき、身体の回転がとてもスムーズで楽なフィニッシュがとれるようになります。


Archives

website by Cube Net