ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ 遠心力を感じてフィニッシュを決めよう!

2014年04月22日

スッチーさんからフィニッシュはどこに収めればいいのか質問を受けました。ゴルフを習い始めたころから「クラブを目標に放り出すように打て」と言われてきたので、本人には「フィニッシュがピタッと決まった」と言う感覚がありません。

 

動画に見られるように、フィニッシュは左足の上でスーッと真っすぐ立ち、シャフトが帽子のツバの後ろへ地面と水平に収まるのが理想。(この時クラブのトゥは左斜め前を指す)左手は左耳の横で招き猫のポーズをとり、アドレスから両肘の間隔が変わらない。右肘が胸のラインに巻きつくように収まるのが正しい。これをインバランス・フィニッシュと言います。

 

頭を無理に右に残してクラブを目標に放り投げるような動作やフィニッシュで両肘の間隔が開いてしまうと、背中がのけ反るフィニッシュになるので気をつけたい。プロや上級者でもこのようなスイングをしている人がたくさんいます。参考にしないでください。腰痛の原因になります。

 

大切なのはスイング中に遠心力(ヘッドが円運動の外へ飛び出そうとする力)を感じること。親指と人差し指でつまんでスイングしてみてください。前述したように、最短距離でシャフトが帽子のツバの後ろへ地面と水平に収まるようにする。この時、肘から脇の下まで胴体に密着させて車のワイパーのように使う。遠心力を感じて腕と胴体の連結性(コネクション)が同調すると、自然と円運動の半径が決まってしまいます。それとスイング中のグリップ圧がとてもソフトでフィニッシュまで変わりません。

 

腕が突っ張って力んでいた人には意外と小さい円に感じるかもしれませんが、クラブに引っ張られながら回転すれば、フィニッシュがピタッと決まるようになります。ルーク・ドナルドのようにね!


Archives

website by Cube Net