ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ ライン出しはピッと鋭い腰の回転で打つ

2014年08月03日

このショットの練習はShort & Fast Strength Trainingで体の反応、ワインドアップ、体の切れを作り出すのに最高なトレーニングです。ライン出しでも距離が落ちません。

 

ライン出しショットの特徴は、低く飛び出しコントロールされた棒球である。スピンが抑えられ、風の中でもピンが端に切られても距離感を出しやすい。

 

プロのようなライン出しに挑戦しても中々打てないのには理由がある。ボールを右足前に置き、上から打ち込む人、バックスイングが大きなアークでダラダラ長く、肩も腰も一緒にまわってしまう人、脇(コネクション)が甘く、手を返しながら打つ人には絶対打てません。

 

セットアップで大事なことは、クラブを半インチ短く持ち、ボール位置はセンター。少しオープンスタンスに立ち、肩のラインは飛球線と平行に構え、捻転差のある構えを作っておく。そして、始動の時に右膝をキックイン。その反動でグリップもちょっとだけフォワードプレスしてから上げると捻転差の効いたスイングができる。

 

最も大切なことは、バックスイングの前半で腰から素早く切り返す。すなわち、早い段階で肩と腰の捻転差を広げ、両腕を左に振っていくスペースを作ること。アマチュアの皆さんは腰が止まって上体から内にいくので、ライン出しができない。

 

動画にみられるように、左手親指と人差し指で右ポケットをつまむ感じ(実際にはつままなくてもよい)にして、ピッと短く腰を切る練習をします。内腿を緊張させておいて右腰を素早く回転させて、フィニッシュで両膝・両腿がピタッとくっつく感じだ。それに合わせて、体に密着させておいた左肘を蝶番のように使い、しなりを感じて左へ振っていきます。

 

フィニッシュでおへそと右手の甲はターゲットを向き、左足の上で上体が真っ直ぐになります。右足つま先で地面をトントン叩けるバランスが理想です。また、両肘で胸を挟んでフィニッシュをとり、左手甲はフラットで招き猫スタイルになる。おっして、両肩のラインは地面と平行になる。

 

バックスイングの大きさはあまり限定したくないのですが、胸を回転させて右隣りの人と右手で握手できる位置ぐらいでいいのではないでしょうか。(捻転差を感じているので、余り腕の位置は気にしない)右肘が曲り始め、両脇がしっかり締まっています。

 

意外かもしれないが、両腕は「小さく前へ習え」をしたように、両肘から先を体に巻き付くように振るほうが回転スピードがつき、飛距離も落ちません。フィギュア選手の回転は腕を体に引き付けると素早く回転し、伸ばすと減速する。それと同じです。

 

インパクトは通過点として考え、特別意識しないほうがいい。しいて言えば払い打ち、ボールをクリーンに捉える。回転が止まると手が返って左に巻きます。切り返しでお腹に力を入れて、体幹(脇の下から足の付け根まで)を地面と水平に切っていくことに集中します。


Archives

website by Cube Net