ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

バンカーショットも低重心フットワークが必要

2014年08月13日

前回のレッスンでアプローチ時には低重心フットワークすなわち体重移動を意識しないと本物の球は打てないと説明しました。

 

バンカーショットでも低重心フットワークが必要です!フットワークの使い方は、動画にみられる股関節の体操で体現できます。左踵近くに置いてあるボールを右手でタッチする時は、右肩を股の間に入れて腰を左に5cm程平行移動させる。この時右膝が地面に付くぐらい右内腿を中に絞り、右足土踏まずで地面を蹴ります。右からのエネルギーを左内腿で受け止めて、左膝が逃げないように正面を向きます。遼君や松山君も膝の使い方が柔らかく押し込んで打っていますから、ロブ系やバンカーショットの打ち方に着目してみてください!

 

アプローチとの違いはバンカーショットでは胸の面を起こして構えます。その分右手の平(フェースの面)が真上を向いたままボールの1インチ(2.5cm)手前からダルマ落としでもするかのようにサッとバンスを滑らして振り抜きます。右脇を締めて(右手首甲側の曲りを伸ばさないように)体幹の捻じり戻し(左背中半身を後方に引く)でまーるく振れば自然と目標の左へヘッドが回ります。低く長いインパクトゾーンを意識して、フットワークを使って左足付け根のコマネチラインにしわが寄るように、重心を低くキープして押し込むんです。そうでないとフェースに乗せて運ぶショット(柔らかい球)は打てません。

 

バンカーショットはこの回転スピードで距離感を調整します。上からドンッと打ち込んだら体の回転が止まって砂に刺さるだけで、前に飛んでくれません。

 

動画は5ヤードのショットだが、肩幅よりうんと広いスタンスで低重心に構える。バンカーはダフらせるんだから長く持てという人がいるけど距離に合わせて短く持ったほうがいい。(アプローチと同じ距離の場合、バンカーショットは砂の抵抗があるから3倍の回転スピードが必要と言われている)


Archives

website by Cube Net