ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ 右腕のアッパーアームローリング

2014年09月02日

「スイング中、左脇だけ締めとけばいい?」ではないんです!これだけではコネクション(スイングにおける体幹と腕の連結・同調性)は成立しません。

 

両脇が締まり腕の半径が決まらないと、一貫した円軌道(オンプレーン)で振ることができません。左サイドのリードがどうも苦手という方は、右サイドのアッパーアーム(上腕部)を意識してスイングしてみましょう。

 

普段から右サイドの構えが悪い為にスイングをギクシャクしている方が本当に多いんです。このドリルは正しい構えを教えてくれます。

 

動画にみられるように、右腕を体の中に入れて、グリップエンドが左足内腿を指すハンドファーストの構えが大事。右肘内側が正面を向き、脇腹にクラブを引き付けてヘッドの重みを感じること。クラブがソールできないときは膝を曲げて調整し、低重心に構える。意外と右サイドって低い構えになります。実践していない人が多いので、参考にして頂きたい。

 

右腕の上腕部(アッパーアーム)内側(脇の下から肘の内側)をペンキのローラーに見立てて、スイング中、胸の周りを回転させるイメージで打てるとコネクションが強化され、上手く打てます。

 

ダウンの主導は体幹の捻じり戻しで、右肘が伸びないように回転してくる。ボールをヒットする時はクラブのヒール側から打ち下ろし、トウ側を地面につけない意識で振ると、コック(タメ)が保持されて構えた位置に戻ってきます。

 

フォローも継続して体幹がリードし、左肩より少し下へまーるく振っていきます。クラブヘッドは自分のほうを向き、右肘は真上向いてお腹周りに巻きつき、グリップエンドは左腰をさし、低いフォローをとります。体の上下動がなく、左向け左したような横振り(野手のサイドスロー)感覚で打てると上手く打てます。

 

無理に打ち込まない、浅い入射角で打つ、シャロースイングを身につける第一歩です!


Archives

website by Cube Net