ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

アプローチの時、ヘッドが地面に突き刺さらないようにするには?

2014年09月04日

たつさんはアプローチ(転がし系ピッチエンドラン)の本番になると、ヘッドが地面に突き刺さる傾向がある。皆さんの中にも、えっなんで!練習では上手くいっていたのに。なんてことがしばしば。。。

 

一つにはグリップの強さを疑ってみてください。私はよく生徒さんにどのくらいの強さで握っているか人差し指をさし出して握ってもらいますが、痛いと思うくらい強く握っている方がいます。以前も実験したことがありますが、歯磨き粉のチューブをグリップして、中身が飛び出ない程度にスイングするのが丁度いい握りの強さです。

 

また、グリップの指と指の間にギャップ(すき間)を作らずに詰めて持つということも大切です。これらを守り、両肘でクラブを吊って構え、胸の回転でバックスイングし、切り返しで両膝を左に押し込みながら回転できれば、ソフトヒットダウンが実現できます。

 

膝のリードでクラブのヒール側からソフトヒットダウンして、当たった瞬間ボールがトゥ側へ駆け上るように抜けていく。感じとしてはトゥが被らないようにフェースを開いたまま左へ振り抜く感じだ。スイング中、トゥ側を持ち上げてヒール側を滑らせることができれば、接地面が小さくなるのでダフる確率も小さくなるわけだ。

 

そして、アドレス時のグリップ位置より前に出ないように下してくることが大切です!


Archives

website by Cube Net