ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

G1スタイル4 ブラッシングアプローチ編

2014年09月24日

またまた、画像を見てじっくり楽しんで、イメージされてください。ここでは詳細な説明は省きます。

 

G1ではランニングアプローチのことをブラッシングアプローチと呼びます。その名の由来は芝先をソールで優しくブラッシングする程度の力感だからです。スタンスも狭く、ボールの位置は左足親指前に置き、左足荷重に構えてボールに近く立ちます。(自分から見て右目はボールの垂線上にある)そして、両肘を曲げてクラブを吊るようにアップライトに構えます。グリップはパター同様、生命線に沿って縦グリップに持つ、ライフライングリップを採用します。

 

つま先寄り拇指球に荷重をかけたほうがニーアクションがスムーズになります。両膝はエアサスペンションの役目をします。実際は小さく上下にバウンシングしながら膝のラインをそろえて回転(膝関節の遊び分だけ横へ押し込む)する。低重心をキープしてクラブ軌道を一定にするにはこの動きが不可欠なんです。と同時に、胸骨の振り子動作と右腕の振りも同調しなければならない。

 

ブラッシングにヘッドの弾きやボールを潰す感覚はありません。両膝のリードによってヘッドが振り遅れて下りてきて、ヘッド自体の重さを生かして死に球を打つ意識が大切です。

 

7番アイアンで全体の距離の3分の1を落下地点(ランディングポイント)にすると、残りの3分の2は転がってカップに寄っていきます。9番アイアンではキャリーが全体の半分の1m手前辺りを目安にしています。ランディングポイントに柔らかく落とせるように練習してください。


Archives

website by Cube Net