ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

G1スタイル7  薄く打つピッチエンドラン編

2014年09月30日

スイング観賞会です。イメージして練習しましょう。

オーストラリアみたいに地面が固く芝が薄くタイトなライ、低く出して止めたい時、ピン­が奥で突っ込みたい時、ボールが少し沈んでいる時などに薄めに打って(クリーンヒット­=ハーフトップに近い打ち方)寄せる打ち方です。見た目とは違い、打感は非常に柔ら­かく、マウスをクリックした時のようなカツッという音がします。

これグリーン上でアプローチの練習をしています、薄くクリーンヒットしないと打てませ­ん。(読者の皆さんは決して真似をしないでください)

両肘でクラブを吊ってソールしない。リーディングエッジをボールの赤道に合わせる。フ­ットワーク(膝の送り)を多用するので、つま先寄り拇指球に荷重を置きます。何より両­膝のラインが揃って水平に送り込む動きが大事。膝のリードに少し遅れて、クラブがイン­サイドから入ってきて腰の切れで鋭くまたインサイドに抜ける動き(8フィギュアターン­)。シャフトが太腿周りから離れずインサイドイン動きが顕著です。

振り遅れるとはすなわちタメである。バックのトップで出来たヒンジング&コックを変え­ずに、右肘の角度と右手首外側(甲側)の角度を変えずに膝の送りと体の回転で下ろして­くるのである。

初めはリーディングエッジの歯で赤道を突き、ボールを転がす練習をします。膝のリード­でしっかり振り遅れればトップに打っても、絶妙のフィーリングで寄せることができます­。カップインも狙えます。

重心を下げて膝を粘っこく使い、徐々に回転スピードをアップすれば、少しづつボールが­ポップアップして浮いてきます。そのまま、フェース面を変えずに振り抜けばフェースに­乗って運ぶような打ち方ができる。


Archives

website by Cube Net