ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

飛ばすゴルフ スイングに勢いを増す素振り

2015年04月03日

スイング中アレコレ考え過ぎてぎこちないスイングになっている。誰もがそう思い、いつでも自問自答する。考えだすとフリーズして動きが止まる。筋緊張が走り、肩・腕・グリップがカチカチになる。

 

よくクラブの重みを感じることが大事というけれど、勘違いしている人が実に多い。実際、筋緊張で硬くなった腕は重くなり、それにクラブの重みが加わるとさらに重々しくなる。これは重みではない、力みである。これではスイングに勢いがつかない。

 

思うに、調子のいい時は逆にクラブが軽く感じられ、体の回転に同調してスピード感があり勢いを感じるはずである。当然、ソフトグリップで手首にはボールベアリングが装着されているみたいに自由性が効く。

 

今回の動画はそんなスイングに勢いを増すエネルギー伝達効果のある動き、反動→踏み込み→捻転・捻じり戻しを説明しています。特に力のない女性やこれから飛距離アップを目指すゴルファーに最適です。

 

動画に見られるように、正面から見て3時の位置から反動を使って振り上げますが、その時右ポケットを後方に引くように右足踵を強く踏み込んで(右膝は伸ばさないように)から、背中(脇の下のから太腿の付け根のラインの四角形)を捻じってウェストをギュッと絞るイメージで振り上げます。

 

ダウンは左足踵を強く踏み込む動作から始動する。左膝を伸ばさないように左ポケットを斜め後方に切り上げるイメージで、背骨を中心に捻じった背中を捻じり戻す。フィニッシュは両足太腿がくっ付き右足つま先で地面をトントンできる左足の上でスーッと立ったインバランスの形を取る。

 

そして、フィニッシュの位置から再度右足踵を強く踏み込んで同じ動作を繰り返す。計2回の素振りをしてから、リズムよくアドレスに入り、あまり時間をかけずにテンポよく打球できると、切れのいいショットが期待できます。

 

ただし、この素振りは力の入ったブンブン素振りではないので勘違いしないように!クラブに引っ張られるように遠心力を感じて、背骨の軸を中心に体の周りをまーるく振る柔らかい素振りです。皆さんも試してみてください!


Archives

website by Cube Net