ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

曲げないゴルフ クラブを振るタイミング

2015年04月08日

一般的に多いのは、トップからいきなりクラブを振っちゃうこと。上半身主導で叩きつけるので、リリースが早く(クラブが早く落ちる)、前傾が起きて重心の高いインパクトになる。そのため。あらゆるミスを誘発してしまう。

 

野球やテニスと言った投打スポーツのフォワードスイングの共通動作として、体幹を捻じる(コイリングモーション)と同時に後ろ脚へ荷重移動。そして上半身が開かない(捻転を解かない)ように、前足へのステップ(踏み込み)と同時に足首→膝→腰→体幹の順番でゆっくり捻じり戻され、前足に荷重をスムーズに移動する。ここまでは絶対腕を振ってはダメ!振る前に利き腕の肘のしなり使って体幹に引きつける動作が入る。

 

最後は肘から先を体に巻き付くようにビュッと振る。腕を振っちゃいけないとは言ってません。振るのは最後ということです。豪速球を投げる。ボールを遠くに飛ばす。スペシャリストは皆、この動きの順番(シークエンス)を遵守し、大きな筋肉を稼働させることで躍動感のあるダイナミックバランスを実演しています。

 

昨今、色々な理論が点在しますが、投打スポーツにおけるダウンスイング(フォワードスイング)の動作は普遍の原理であることをお忘れなく!


Archives

website by Cube Net