ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スイング研究会(2)フックからストレートボールへ

2015年04月12日

G1の指導には基本線がありますが、〜流とか1つの型にはめるような指導をしません。皆さんの体力・柔軟性・理想に合致したスイングの追及と最適弾道を現実なものとすることが基本理念です。

 

さて皆さんのスイングにメスを入れていきましょうか。といっても怖がらないでください。スイングの方向性や自分に合ったスイング、これまで明らかにされてこなかった部分をわかりやすく指導していきます。

 

今回のお客様は17歳の高校生HCP3のシュウくんです。プロ志望です!最初の所見で感じたのは、出玉が右に出ていって放物線を描いて戻ってくるフック系の球。アイアンはスピン量が多く吹き上がり気味でした。実はめいいっぱい引っ叩く高校生はこのタイプが多いんです。

 

これを矯正するには逆玉を打つ手法から手掛けていきました。目標の左から飛び出しスライスを打つ練習です。自分の正面に車のハンドルがあったら、右に切る感じで体の切れを使って目標の左に振る練習です。

 

結果、手の返しローテーションが少なくなり、頭部が右に倒れこむ癖が大分矯正されました。見事1週間でフック系の球からストレート(ベイビーフェード)が打てるようになりました。


Archives

website by Cube Net