ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

米ツアーのブリジストン・インビテーショナル最終日、遼君も長いパットを決めたりして頑張りました。
優勝したのは今季2勝目を飾ったハンター・メーハン選手。
飛ばしを武器にしている彼はディスタンス&アキュラシー(飛んで曲がらずにフェアウェーをキープする率)部門でランキングが第2位。
ゆうに300ヤード以上かっ飛ばします。
昨年は320ヤード以上飛ばしたドライブが93回もあり、今年はさらにその先20mを狙っているそうです。
とにかくスイングがカッコイイ!
オーバースイングでもなく完全なオンプレーンで振れています。
そんなメイハンの師匠ショーン・フォーリーがこんなことを言っています。

以前の彼はダウンスイングにおけるウェイトシフトが不十分であった(インパクトで50-50)。
それは腰の回転主体で打っていたからだ。


それを、インパクトで90%のウェイトが左足土踏まずに乗るように、切り返しの早い段階でターゲット方向に数インチ腰を平行移動してやることで、ボールへの圧縮が増し正確かつスマッシュヒットが打てるようになった

と述べています。
また、ウェイトが左足へ移動した時に足の裏で地面をプッシュダウンして、ベルトのバックルを斜めに切り上げると、インパクト後に左足が真っ直ぐ上に伸びてお尻も立つ。
すると、テコの作用が働いて、頭とクラブヘッドが引っ張り合って最大のエクステンションが生まれると言うのだ。これを、Ground Up Powerと表現している。
つまり、大地から足裏→体幹→腕→クラブと地面反力のパワーをもらっているというわけですね!
これは、大納得!僕も同じ理論だしね!


最近、こちらの天気は良好です!
というか、全く雨の降らない快晴の日が続いてるので、ゴルフ合宿でご参加の皆様もご満悦のようです!
ところで、今日から゛コーチのつぶやき゛と題して、ゴルフに関して見聞していること、こちらのゴルフ雑誌に掲載されている興味のあることやたわいのないものまで、何か役に立ちそうなことを書いていこうと思いますのでよろしくお願いします!
さて、今日は「アークスイング」の話です。
私のレッスンの中で、よく生徒さんに発する言葉は3つあります。
「ソフト&スムーズ」
「インバランス」
そして、「ラウンド」です

このラウンドはゴルフ場を回るのではなく、クラブヘッドは身体の周りを回ることを意味しています。
ですから、パターからドラーバーまで私の持論は円軌道=アークスイングなのです。
タイガーウッズ選手が自分の言葉で載せているGolf Digest゛Tiger Tips゛でこんなことを言っています。
スタート前のパター練習でスライスラインを右にポンポン外している時は要注意!
ヘッドリリース(スクエアインパクトの後、トゥ側がヒール側を追い越す動き)がスムーズに行われていない証拠。
タイガーはこの動きを
Bleeders=嫌な動作 とか
my right hand freezes at impact=右手が固まってレートヒットしてしまう
と言っています。
こうなると、フルスイングにも影響してプッシュボールが出てしまうそうです。
タイガーの目指すところも、
「インサイド トゥ スクエア トゥ インサイド」
つまり、アークスイングなんですね!
タイガーは時々、パターでもショットでも右手一本で練習してリリースのタイミングとアークスイングを思い出しているようです。


null

昨日、私達に待望の長男が誕生しました。 
名前は板橋 秀樹です。
3400gの元気な赤ちゃんで、母子共に健康です。
予想と反して、陣痛から2時間半で生まれました。安産でした。
手に汗握る時間を妻と一緒に闘い、秀樹が出てきた瞬間は、さすがに男泣きしてしまいました。
こういう感動はめったに出会えないですね!神様に感謝!
元気にすくすくと育って、誰からも愛され、人に優しいたくましい子に成長してもらいたいと思います


Archives

website by Cube Net