ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

前回まで様々な方法で右肘の使い方や腕のしなり方などを紹介してきました。今回はそれを簡単に家の中でも練習できて、同じ効果が得られるタオルを使って腕をしならせるドリルを紹介します。

 

これは僕がピッチャーをしてた頃に練習していたシャドーピッチングです。まず、およそ1メートルくらいのタオルを用意して下さい。タオルの端っこを持ちます。あとはそこを持って振るだけ!!!

 

(振り方)

①タオルを右手で持ち、普段のアドレスを取る。

②前傾を変えずにサイドスローの要領振る。右腕のしなりを利用して肘の内側を先行させてインパクトの先でタオルがパッっとなるように振る。

③フィニッシュで右腕が身体に巻きついているかを確認。突っ張っていたら、右肘をしならせられていない証拠。脇が開いてフックの原因になります。

 

振っている最中はバックスイングの位置のことなど気にせず、肘を出来るだけ柔らかくしならせることに集中して下さい。しなりが出来ている時は、右肩の腕と肩のJoint部分がパコッって開く感覚があり、肩と腰の捻転差が使えています。この捻転差がないと腕は絶対にしなりません!

 

タオルがバッって鳴るようになったらスイング自体もキレキレに変わります。なかなかカット軌道が治らなかった生徒さんが一瞬でインサイドアタックを実現。一気に飛距離の伸ばした経験があります。是非みなさんも参考にして下さい。


皆さんの周りにいるピッチャー出身の方って、もの凄く飛ばしませんか?絶対飛ぶと思うんですよ!

 

ぼくも最初はゴルフってヘッドを走らせるものなのかぁ?おかしいなぁと思いながらもビュンビュンヘッドを振り回していました。当然、僕のH/Sですから当たると飛びますが、ほとんどがブン曲がります。

 

でもある時、体は水平回転するのに、それっておかしいなぁと思い始めたんです。結局、ビュンビュン振ってる時っていうのは体の正面で腕をこねてるだけなんだということに気づきました。左に巻いちゃうわけですよね〜。

 

G1のテニスボールスローイングドリル(壁当て)やバスケットボールを使ったサイドスロードリルのように横投げこそが水平回転と同調した動きであって、ぼくの場合はサイドスローの動きを導入すればいいことに気づいたんです!

 

動画にもあるように、ゴルフでもスローイング動作でも飛ばしとコントロールの両立に不可欠なのは右肘の柔らかいしなりを使ってリリースすること。この柔らかさがないと常に一貫した動きができません。

 

トップからの切り返しで上半身が開かないように下半身のフットワークとベルトのバックルの押し込みを行う。この時に右胸と右腕の付け根あたりがカパッと開く感じで胸を張る動きが、腕の振りを遅らせタメに繋がる。

 

両方の肩甲骨で背骨をロックしたような感じるはずです。この状態で背骨を中心に左胸を後方に引くと、右肘が体の正面に入ってきて理想的なレイトヒッティングの形が出来ます。

 

投打のスポーツ(野球、テニス、ボクシングなど)ではこの左サイドの引きが非常に重要!スピードとパワーを引き出します。またリリースの時利き手は完全に伸びきらず曲がったまま体で押し込む動きまで類似していると言えますね。

 

最後に対人と投げ合うテニススローイングドリルも是非実践してみてください。投げることに慣れていないちょっと無器用な人にも研究してもらいたいです。フットワークや腕振りがとても参考になると思います。

 

重さのないボールを投げている感覚になった時、ゴルフでもクラブをトップに置き去りにして、タメの効いたスイングができるようになります。頑張ってみてください!


ツッチーです!あけましておめでとうございます。

 

本年も飛ばすためのドリル及び考えを配信していきますので、どうぞよろしくお願いします。本年の一発目は「クォーツウォッチドリル」。僕のスイングに変革をもたらした体にきつ〜いドリル紹介します。

 

ブンブン丸だった頃、板橋代表に「これ毎日30分間やりなさい。体の回転をしみ込ませなさい!」と言われよくやったものです。最初の数週間は筋肉痛で痛々しかったですが、ワンピースで大きな筋肉を動かすこと、下半身リードで捻転差を感じて捻り戻すこと、そこから遠心力を感じ始めたら、ビシバシ当たるようになりました。

 

それまではヘッドしか振ってなくて、手打ちだったんだなって気づいたことが自分にとってビッグチェンジでした!

 

まず絶対に手からスタートしないこと!手からスタートしたらダウンも必ず手で打ち下ろします。僕の場合、前方の反動(遠心力)を使ってバックスイングするイメージをして、右足踵で地面を強く踏込むことから始め、次に両脇腹や背中の大きな筋肉が捻られる。これだけで勝手にトップが作られる。切り返しはトップにクラブを置き去りにして、左足踵の踏込みからスタートして、両脇腹を捻り戻すことで捻転差の効いたボディーターンができます。

 

この動作を前提として、動画の僕の動きを真似してみてください。体の大きな筋肉の始動でノーコックで低く長くテークバック。左腕が地面と水平になる頃にはクラブの巻きつき動作と同時に左サイドのリードで切り返します。右肘の絞り込みと同時にクラブをレイドオフに倒し、フェース面を真上に向けながら、自分から見て4時半の位置からクラブが出てくる(インサイドアタックのイメージ)。

 

この位置からクラブを低くまーるく目標の左へ振っていくイメージを持つ。インパクトまで頭をボールの後方に残し、ハンドファーストで横から払い打つ感覚が大事。インパクト後は左肩からヘッドまでストレートになる瞬間をイメージ(Y字インパクト&フラットリスト)。左胸を後方に深く水平に引く感じで両肩を地面と水平に回してフィニッシュへ導く。

 

これをゆっくり行うなんて少々きついですが、我慢して続けてみてください。体幹の深い捻転捻り戻しを体に覚えこませることが大切なんです。


5年前まではトップから上体を開かずに腰からドーンッと押し込ん(バンプ)で、早めのリリースでボールを捕まえていたからドロー一辺倒のスイングしかできませんでした。今のクラブでこの打ち方をしたら大変、捕まりすぎて左しか飛ばないか、入射角が急すぎてハイスピンボールになってしまいます。

 

現在、僕が求めているのは、荷重移動を小さくしてその場で回転するイメージ。背中越しにハンマー投げする感覚やバッティングでいうとアウトコース低めをバックスクリーンに放物線を描くホームラン。背骨を軸に背中を入れ替える際、頭がボールの後方に残って、ヘッドと背中で引っ張り合いっこ(遠心力)しながら回転する感じです。手で操作しないので、アドレス時のスタンスの向きを調整すれば、様々な弾道が打てます。

 

トップから荷重をいきなり左へ乗せようとすると、肩が開いて斧を振り下ろすように打ってしまいます。(シャフトが暴れてキャスティングする=早打ちになる)静かに巻きつくようにフワーッと落下を感じて振るには、下半身のリードで胸の面を右に向けたまま、左への踏込み30%、右に70%の荷重を残してクラブの重さをダイレクトに右のお尻に乗せて少しだけ沈みこむ動き(シッティングダウン)が必要。

 

投打のスポーツには同じように切り返しの時に一旦重心を下げて軸を安定させ回転の準備をする間(ま=タメ)がある。ここを打ち急ぐと手打ちになるので要注意!右腰の横まで落下するのを待ち、肩のラインを開かずに自分から見て4時半からシャフトを引っ張れる体勢ができたところで、両肩(背中)を入れ替えるこれがボディターンです。

 

体の周りを低くまーるく振れるようになるまで、ドライバーのヘッドの重み(遠心力)を感じてゆっくりゆったり振るようにしてください。低重心で両膝を曲げたまま、左土踏まずの内側で回転(台形ターン)するようにしてください。荷重移動は不要です。背骨を中心に肩が深く回転(ディーパーであれば)すれば自然と荷重は左足に乗っていくものです。荷重移動を意識するのが軸ブレの原因になるのでご注意を!


数年前に板橋 代表が同じような動画を載せましたが相当な視聴数がありました。それだけ、クラブをタメて下ろす動作に興味があるということです。

 

かのベンホーガンもゴルフはピッチャーのサイドスロー投法と同じだと言っています。僕はピッチャー出身なのでコントロールされた速球を投げ込む動きを知っています。

 

なので体が水平回転するのに対し、グリップを真下に引っ張る動作なんてナンセンス!動画のように「キャスティング」クラブを体から離して地面を叩きつける手打ちになるばかりです。気をつけましょう!

 

動画のように正しく右肘を絞り込むには、トップで捻転させた上半身つまり胸の面を右に向けた状態(前傾姿勢をキープ)でヘソを飛球線方向に押し込んで、右肘が脇腹前に入れるスペースをつくること。このフトコロは飛ばしや豪速球を投げるキーポイントになるんです!

 

この動きが理解できたら、クラブが右肩上に落下してくる重さを利用して、右手のひらと右肘の上にお盆を載せるような感じで右肘を脇腹前に絞り込んでみましょう。この動作が体側にクラブが巻きついて右腰の高さまで下りてきて水平回転に連動する動きを助けます。

 

これがイメージシャフトをつかうと如実に分かります。右肘のストレッチとタメの感覚がわかるんです!来年は横振り元年にイメージを一新してみるのはどうでしょう!ぼくがお助けします!


Archives

website by Cube Net