ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ツッチーです。米原キャンプ4日目。

 

長雨でバンカーが固く締まり重くなっています。こんな時はエクスプロージョン(砂を爆発させる打ち方)では無く、ノーコック打法が有効的です。

 

こんな状況下は、あまりフェースを開かずに、ノーコックで上げます。トップではヘッドを置きっぱなしするイメージで一呼吸置く。自然落下と同時に左足に荷重していき、左胸を引いてクラブを元の位置に戻します。

 

ボールと一緒に砂をグリーンに運ぶ感じで、右肩をグーンと前に出して左足の上までくれば完璧!!手で放り投げたボールように飛んでいきます。

 

なかなか右肩が前に出ていかない人はウォークスルードリルを練習したら、簡単に出るようになりました。

 

明日と明後日のレッスンは台風の為、キャンセルとなりました。


緊急連絡です!

 

申し訳ありませんがが、22日(日)と23日(月)は台風上陸に伴い、米原レッスンは中止と致します。代わりに12/7,8日を振替日にしたいと考えています。この件につきましては正式に11月初旬頃告知します。よろしくお願いします。

 

ツッチーです。米原キャンプ3日目

 

今回のラウンドレッスンはベストボール方式を採用しています。これはティーショットを打って一番良い人のボールを選択するか、様々な傾斜を選んで特訓してもらいました。

 

実際コースにでると、皆さん練習してきた事と真逆の事をしますので、最新の注意を払い元に戻らないように注意しています。

 

すくい打ちの傾向があるので、左肩より低く左へ振り抜き、フィニッシュでフェース面が後方指し、ソールが真上を向くように心掛けています。

 

皆さん、これまで手を思いっきり返していたので、新鮮みたいですね!!


ツッチーです。米原キャンプ2日目、今日は一日中雨の中、皆さん気合いで頑張りました。

 

ベーシックコースの皆さんの共通するミスの原因はダウン時に顔が体の回転と一緒に左に回ってしまうこと。

 

ここではトップ時の左頬の角度と左胸をセパレートして頭が左に突っ込まないようにする事か大事。そうすればクラブを左に低く振ることが出来ます。

 

またアプローチ時には、フェースでボールを打つのでは無く、バンスを出してヒールを滑らせて低くまーるく振りたいですね!これが出来ればボールをフェースに乗せて運ぶ打ち方が出来ます。

 

ラウンドを見ていても、皆さんかなり左に振っても左に飛ばないスイングが出来るようになりましたね!

 

今台風が接近中です。明日の夕方の情報を見て、22日と23日のレッスンの有無を検討しますので、もう少々お待ち下さい。



こんちにはツッチーです。米原キャンプ初日は小雨の中行われました。

 

9時からの1時間は板橋コーチによるゴルフスイングの講義から始まりました。
タメになる話しで、チョット感動!!ボールを打つことだけが上達に繋がるとは限らないということを実感!

 

ストレッチをしながら皆さんの肩甲骨周り、肘、股関節、広背筋の稼動域をチェック。今後のスイングの指標となるレクチャーに、皆さん真剣聞いていました。

 

G1スイングはハンマー投げや円盤投げてのイメージに近いのです。ダウンスイングの前半は左肩が開かないように右サイドでインサイドアタック(4時半の位置に降ろす)をつくり、そこからは何もしない。

 

ダウンの後半は左の背中や左の胸を後方にグッと引いて、背中を入れ替える感じですが回転すると自然と手がインパクトの位置に戻ってくるのです。

 

これを皆さんは右手で打ちにいってしまうからミスをする。最初の1時間の内にスイングイメージを作ることスムーズにレッスンすることが出来ました。


新米コーチタックンです。ベーシックコース最終日。

SWを右手で打つ練習は、身体の回転が主導でスイングする為に欠かせないんです。

クラブが身体の中に収まり、グリップエンドとおへその距離がほとんど変わらない事。

右手で地面を突っついてしまうと、打ち出す方向にクラブヘッドが出てしまい理想的な円運動が出来ません。 バウンス&ヒールで地面を滑らせるんです!

参加者の皆さんも、インパクトの後はこんなに左にクラブがでていくんだ!と驚いていました。

那須キャンプが終わりました。毎日が反省の連続でしたが、参加者の皆さんの「なるほど!そういうことか!」の言葉が何よりも嬉しく感じました。 これからも、引き続き頑張ります!


Archives

website by Cube Net