ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

今年は左サイドを鍛えると公言し、こちらのオーストラリアキャンプでも実践しています。

 

一見難しそうに見えますが、力を抜いてクラブの慣性や落下を感じて体がその動きに順応するだけなので、慣れたら誰にでもできます。アプローチから入っていけば、これがショットにも通じていることがわかってきます。

 

アドレス時に左手でクラブを持っていますが、両手で右隣の人と握手する感じで、スタートと同時に右手でシャフトの中央あたりをつまみます。この動作をピックアップと言い、腰の高さまで上げます。

 

動画に見られるように、タイミングよくクラブを離して左手首内側とシャフトの角度を変えずに、ボールの右横にクラブのヒール側を落下。切り返しで右肩が前にも左にも突っ込まないようにヘッドを落下させるのがポイント。

 

落下と同時に左胸を後方に引く動作を忘れないでください!このタイミングで右肩を顎の下に押し込んで、右肘は脇腹に引きつけて曲がったままで右上腕部が胸の中に入っていく。(右腕上腕部をペンキローラーに例え、胸の上を左に転がしていくイメージを持つと良い)

 

実際には右手はクラブを持っていませんが、持ってるつもりで前述の動きをすれば、フォローで荷重が左足に乗り、左肩からヘッドまで一直線(フラットリスト)で左手首が甲側に折れることもない。フェース面が変えずに、その上にボールが乗ってる時間が長いので、一貫性の高い入射角とスピンコントロールが可能になる。

 

左手リードのドリルを特訓しても、右サイドが機能しないとうまく打てないことがわかりましたか?例えば右手一本で打つときでも左腕を前に出して、タイミングよく左胸を引かないと、クラブをまーるく感覚がわかりません。要するに、ゴルフというのは左手と右手の協応作業なのです。双方の使い方を理解し、体の回転と上手くマッチアップした時にナイスショットが連発します!

 

まずは小さなショットのアプローチから始めましょう!。どんなに短いアプローチでも左右の協応した動きが必要になります!


なぜ、アプローチでミスを繰り返すかって?それはクラブに仕事をさせないで、自分からどこか不自然な能動的な力が加わるからである。

 

指でクラブをつまんでグリップエンドを支点に振り子運動をさせると、自由に動きたいという慣性が働きます。これがクラブフリーです。

 

グリップエンドを胸骨に当てて振り子運動をしてみてください。この動きに同調して胸骨で左右に動くようになると、振り子バランスが稼働。

 

次にグリップエンドを胸骨につけたまま、シャフトの真ん中を横から両手のひらで押さえて、両肘でクラブを吊るようにしてスイング。振り子バランスを感じると、腹筋が左右に捩れますね⁉︎クラブの慣性に一任できると、大きな筋肉がゆっくり動き出します。

 

フットワークも大事です!バックスイングで右に動くのはダメだけど、切り返しで胸骨の動きに同調するように右膝を横にキックインすると、継続してフォローも滑らかになり、バック1;フォロー1の振り幅でイーブンペースでスイングできるようになります。

 

クラブの重さを感じられなくなる、強グリップはスイングの妨げになります。よく言われますが、歯磨き粉のペーストがブチュッと出てこない程度がベスト?みなさんに聞くと落ちない程度に触っているぐらいだそうです。でないと胸骨と同調できないし、クラブフリーにできません。

 

寒い冬は家の絨毯や座布団の上でクラブフリースイングの練習ができます。まずは右手一本での同調、慣れてきたら両手でチャレンジして見てください!


アプローチで、トップ・ダフリ・シャンクを連発してスイングに一貫性が見られないのは、右手が強すぎるからだ!

 

多くのアマチュアの皆さんはインパクトで左手首が折れてミスを繰り返す。芝生だと抵抗があるので、その傾向が顕著に出る。だが、練習場のマットはバンスを滑らすと上手く抜けるので、ミスに気付かないのだ!アプローチに限らず、ショット全般その傾向がある。

 

そうならない為にも、左手6:右手4で左サイドのリードができるよう、普段から左が器用に使えるようにしておくことが大切。

 

ここ数回にわたり指導してきた、左サイドのリードで左手首内側とシャフトで出来る逆くの字(ハンドファースト)を保ってヒール側から落下。その時、右サイドを低く押し込んで右膝のキックインを入れないと、ヒール側が地面に接地できない(左足親指前のボールに届かない)ので注意したい!

 

ヒットと同時に左胸を後方に引き、ヘッドをインサイドに切り込み、フェースの上にボールを乗せて運ぶ。ヒールからトゥ側上部に滑って、フェースを斜めに最長に使えるとボールがフワッと柔らかく上がります。低くスピンで止めたいときはヒールに乗せて押し込んでやります。

 

昨年は右手一本でバンス&ヒールを滑らしてまーるく振るドリルをやってきましたが、今年は皆さんの左手の動きを鍛えて器用にしたいと思います。力がないとできないということはありません。クラブの動きたい慣性を利用すれば誰でもできます。ぎゅっときつく握るほどできないもんです。

 

今度、バックスイングなしでボールを前方に飛ばすドリルをお見せします。ハンドファーストでフェースに乗せるテクニックがあると、20ヤード以上飛びます!アプローチもショットも基本の動きは全て一緒です。今年は左サイドを鍛えましょう!


日本は受けグリーンが多く、グリーン半面より奥に外したら、まず逆目のアプローチを残すことになる。奥やサイドからの逆目ラフを攻略しない限り、スコアメイクは望めない。

 

グリーン周り攻略にはなんでもかんでもAW,SWが当たり前という方がいますが、やっぱり限度があります。特にこの逆目ラフにAW,SWを使い、芝の流れに沿って真っ直ぐ直角に入れたら、ヘッドの大きさとバンスが芝の抵抗になり急ストップしてしまう。

 

じゃ何を使うかと言うと、実は9番アイアンです!私がジュニア指導をしていた頃、9番アイアン一本でショートゲームをやらせると、その中でフェースを開いたり、重心を下げて構えたりして、様々な打ち方を覚えて引き出しを増やして行きました。9番アイアンというのはクラブの中で一番使い勝手がいいクラブなんです。

 

僕のジュニア時代のヒーローは何と言ってもセベ・バレステロス。とんでもない状況からでも寄せちゃうChallenger、ショットの成功イメージの視覚化が凄いんです。あらゆるクラブを使いこなして引き出しが多いのでとても参考になりました。セベみたいに3番アイアンでバンカーショットをしたりして遊びの中で覚えたことが参考になっています。

 

動画の打ち方を参考にして下さい!目標に対してスクエア(ボール位置は左親指前)に構えてから、グリップエンドを右に倒してフェースを真上に向けて寝かします。時計の反対回り(5時方向)にまわってグリップエンドの正面に来ると、なんだかボールが左足小指方向に移動した感じになるが錯覚です。9番アイアンを寝かしたら、かるくSWのロフト角になるし、ボール位置も左なので確実に上がってくれます。

 

この構えで芝の流れに対しカットに入る構えになっていることを確認します。ここで、ラフが深い場合は手の位置を下げ、スタンスも広めで低重心にドシッと構えます。バックスイングは絶対にコックをしないで下さい。入射角が急で上からドスンッと入れたら突き刺さってダフってしまいます。胸の回転でノーコックであげて、低くまーるくスタンスに沿って振っていくことが大事!

 

そして、フェースの使い方はヒールから入れてトゥ上部にボールを乗せるように振り抜きます。フォローにかけて余計に開く感じで、ペットボトルを乗せても落ちない感覚です。フェースを斜めに最長に使えるようになると、柔らかく飛んでよく止まります。

 

皆さん勇気あるチャレンジを!

 

 


今回の日本キャンプではアプローチ改革に重点を置いてきました。

 

「右足前にボールを置き、ハンドファーストに構えて上からドンッ」って打つとインパクトが「点」になり、リーディングエッジが突き刺さりやすい。出球の初速も速く、コントロールしにくい面がある。

 

改善した点はボール位置を左足親指前に移動して、左内腿の前でシャフトを真っ直ぐ構える。ソールの山切りカット部が地面に着くようにして、スイング中はヒールを滑らせる打ち方(バンス&ヒール)に修正。

 

この打ち方はボールを前方に突っつかないように、目標の左に低くまーるく振ることがポイント。ハンドダウンに構えて、ヒール部を滑らせれば多少手前をダフっても抜けるし、ミスを最小限に防げる。

 

このドリルをやって見てください!クラブの真ん中のシャフト部分を持ち、グリップを左腰に当てて構える。右肩を後方に引くとシャフトが腰の前で目標線と平行になる。

 

そこから左頬が左に回らないように、左胸を後方に引いてグリップを再び左腰に当てて腰が目標を向く。右肘の内側は真上を向き、右腕は目標の左40ー45度でかなり内側に切り込んでくる。右腕とシャフトは完全なくの字だ!

 

その位置から短く持っていたシャフトをニョキニョキ伸ばしてグリップを持つと、グリップエンドはへそと左腰の間を指して、フェース角は自分から見て時計の2時を指す。手を使わないで体の回転でスイングすると、この形になる。

 

これを機会に左に振っても左に飛んで行かない、ソフトタッチのふわっとしたアプローチを目指してください!

 

 


Archives

website by Cube Net