ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

板橋 繁

~プロフィール~

GOLD ONE GOLF SCHOOL ディレクターゴルフ。
米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部(USGTF JAPAN)主席試験官。
1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学博士課程修了。
専門はトレーニング論と身体動作学。
日本体育大学ゴルフ部時代は、同期の伊澤利光プロとともに活躍。
卒業後は、日本体育大学ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務。
オリンピック選手とプロゴルファーのトレーニング指導を担当。
日本体育大学ゴルフ部男子部コーチ・女子部監督に就任、細川和彦プロや平塚哲プロを指導する。
1995年に渡豪し、ジェソン・デイの母校ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。
ジュニアの育成と数々の勝利に貢献する。
2002年からは豪州のトップチームを担当するA Game Golf Academy日本人担当コーチに就任。
運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当。
ゴルフ書籍、10月9日発売!「G1メソッドを実現する魔法のアイテムを開発しました」
書店、ネット店、ヨドバシカメラ、有楽町店等にて発売中!
世界標準のスイングが身に付く科学的ゴルフ上達法及び週刊現代のビジュアル版(ムック)と合わせて、シリーズ累計9万部を突破!第二弾の実践編は発売中です!

ホームページを一新 リニューアル中

真の実力の持ち主がG1レッスンに参上
一緒にラウンドレッスンしてみませんか?

当社の実力バッチリのルーキーが見参!! 懇切丁寧に貴方に合ったスイングをお教え致します

水石 琢哉 USGTF公認インストラクター

小学校4年生からゴルフを始める
水城高等学校に進み、海外大会出場経験あり
中央大学一年生の時に全国大会3位入賞等、華々しい経歴を持つ
社会人経験(ゴルフ用品の知識)を活かし、現在当社でコーチとして活躍中
ぜひ!クラブの話し聞いてみませんか?

2010年
関東高等学校ゴルフ選手権 優勝
2011年
日本学生ゴルフ選手権 3位
2012年
世界大学ゴルフ選手権 18位

真の実力の持ち主がG1レッスンに参上
一緒にラウンドレッスンしてみませんか?

原田 凌(ハラダ リョウ)G1公認コーチ

2014年3月よりオーストラリアに留学
英語を勉強しながら板橋コーチの下でゴルフの腕を磨く。
2016年1月、アメリカの大学ゴルフ部に特待生留学を目指して渡米する。
2017年1月、アメリカ一部リーグのニューメキシコ州立大学のゴルフ部監督からオファーをもらい入学。
現在、キャプテンとして部員を率い、活躍中

ジュニア戦績
※AJGA PING Phoenix Junior at Arizona State University – 4位
※AJGA Eagles Dream Golf Academy Open – 優勝

アマチュア戦績
★2017年
※SCAGA Match Play Championship – 優勝
※SCAGA Four Ball Championship – 優勝
※Jim West SCAGA 最優秀選手
★2020年
※SCAGA NM-WT Amateur Championship – 4位タイ

板橋 繁著
世界標準のスイングが身につく「科学的ゴルフ上達法」 実践編  講談社より絶賛発売中

10/14 15 25 28 両国マンツーマン 満員御礼 

10/18(日) 那須キャンプ   満員御礼

10/24 ゴルファサイズ仙川  担当 水石 満員御礼

11/7 /28  森永高滝カントリー 満員御礼

10月スケジュール

10/24 10/25 ゴルファサイズ仙川 マンツーマン

 

担当 水石

 

三密を避けたマンツーマンレッスン、各種競技会で優勝経験がある実力派当社若手コーチがお一人、お一人に丁寧にご指導させて頂きます

【レッスン日】

10/24(土)満席   10/25(日)
担当 水石

【レッスン時間】

10:00~11:00①
11:15~12:15②
13:15~14:15③
14:30~15:30④
15:45~16:45⑤
17:15~18:15⑥
18:30~19:30⑦

【開催場所】

ゴルファサイズ仙川  一階
住所 東京都調布市仙川1丁目15-52
※仙川駅から徒歩5分
http://earthgolf.smart-change.info/
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください
駐車場は、ございません 宅配便受付不可

【参加費】

18,000円(19,800円税込)

【募集開始日】  

25日のみ募集中

10/29 11/3(初)千代ケ丘ゴルフクラブ 練習場

 

新百合ケ丘にあります 千代ケ丘ゴルフクラブにゴールドワンが初お目見え!
実力バッチリの水石コーチが伺います

【レッスン日】

10/29(木)  担当 板橋 水石
11/3(火)祝日  担当 水石

【レッスン時間】

9:30~11:00①  
11:15~12:45②
13:45~15:15③
15:30~17:00④

【参加人数】

10/29 各回4名(最少催行:3名)板橋 水石
11/3 各回3名(最少催行:2名)水石

【開催場所】

215-0005
神奈川県川崎市麻生区千代ケ丘5丁目1−33
駐車場あり 駐車料金無料
http://chiyogaokagolf.com/
小田急線新百合ヶ丘駅より徒歩20分またはバス5分
4番乗り場より「新02番千代ヶ丘行」乗車、千代ヶ丘7丁目又は3丁目下車
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加費】

  レッスン料 9000円+税 (税込9,900円)
 (注)別途ボール代がかかります お客様負担
  打ち放題90分 平日1,400円 
  (土 日 祝日 1,950円)
 フロント受付時にお支払いください

【募集開始日】  

募集中

10/31 11/1 春日居ゴルフ倶楽部コースレッスン

担当  板橋 水石
【日程】

10/31(土) 11/1(日)

【スケジュール】

共通 レッスン+9Hラウンドレッスン
一日単位でお申し込みが可能です

【開催場所】

〒406-0014
山梨県笛吹市春日居町国府759
Tel 0553-26-5200
公式サイトwww.kasugai-golf.jp
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加人数】

 各日8名(各日最少催行:6名)

【参加費】

一日分 32,000円+税 (税込35,200円)

【募集開始日】  

募集中

11/3 11/6 11/8 両国マンツーマンレッスン
インドア 担当 板橋

【日程】

11/3(火)祝日  11/6(金) 11/8(日)
各時間1名 1日合計7名
8:30~ 9:30①
9:45~10:45②
11:00~12:00③
13:00~14:00④
14:15~15:15⑤
15:30~16:30⑥
16:45~17:45⑦
お一人様二時間まで申し込み可能

【開催場所】

〒130-0026 東京都墨田区両国1-1-7
JR総武線 両国駅西口 徒歩8分
会場へのお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加費】

レッスン料金 お一人様一時間 22,000円(税込)
、2時間お申込みの場合は、セット料金として2時間で、40,000円(税込)セット料金のお客様は、クレジットカード決済が選択出来ません
ご注意ください

【募集開始日】

10/25(土)13時より募集開始

11/14 11/21 ひかみカントリークラブ

【日程】

11月14日 (土)21日(土)

【参加人数】

14日 8名(最少催行:6名)
21日 12名(最少催行:8名)

【開催場所】

ひかみカントリークラブ
http://www.hikami-cc.co.jp/
〒669-3571 兵庫県丹波市氷上町新郷字赤井92-1
0795-82-3140
会場へのお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加費】

35,000円+税 (税込38,500円)

【募集開始日】

募集中

11/15 11/16 練習場 神戸ポートアイランド
 担当 板橋

【日程】

11月15日 (日)祝日 16日(月)両日共通
10:30~12:00 ①4人
13:00~14:30 ②4人
14:45~16:15 ③4人
16:30~18:00 ④4人

【開催場所】

ポートアイランドゴルフ倶楽部 練習場
http://www.pigc.jp/index2.html
〒650‐0045 兵庫県神戸市中央区港島9-2-5
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください

【募集開始日】

募集中

11/17 11/18(初)大阪市インドア レッスン

大阪会場(大阪市淀川区㈱米谷内)少人数で丁寧にご指導させていただきます

【日程】

11/17(火) 11/18(水) 担当 板橋

【スケジュール】

9:00~10:30①
10:45~12:15②
13:15~14:45③
15:00~16:30④

【開催場所】

〒532-0034
大阪府大阪市淀川区野中北2丁目1-22
株式会社米谷 4F多目的ホール
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加人数】

各回3名(各回最少催行:2名)

【参加費】

11,000円+税 (税込12,100円)

【募集開始日】

募集中

11/22 11/23 瑞浪高原ゴルフ倶楽部 レッスン

担当  板橋 水石
【レッスン日】

11月22日(日) 23日(月)

【参加人数】

両日 8名(最少催行:6名)

【開催場所】

瑞浪高原ゴルフ倶楽部
http://www.mizunamikogen.co.jp/
〒509-6101 岐阜県瑞浪市土岐町4858-4
0572-68-2126
会場への直接のお問い合わせは、ご遠慮ください

【参加費】

32,000円+税 (税込35,200円)

【募集開始日】

募集中

11 月スケジュール

11/24 25 名古屋 堀越 レッスン

続々企画させていただきます
詳細は 近日告知予定

RESERVA
予約システムから予約する

こちらのホームページ画面より

予約に関するご質問は、 お問い合わせ へご連絡ください。

尚、緊急事態宣言や新型コロナウイルスの感染状況により開催予定が変更になる場合がございます どうぞご了承ください

お願い

当社では基本的にクレジットカード決済、また、予約システム上【現地決済】と記載しておりますが、事前振り込みのどちらかをお願いしております 【現地決済】とは、現金支払いの意味ではございません

事前振り込みのお客様は、予約確認メール受信翌日から3営業日以内に指定の口座へお振り込みください。 お振込が無い場合、キャンセルさせていただく場合がございます

ゴールドワンゴルフスクール 公式 YouTubeチャンネル
ゴールドワンゴルフスクール 公式 Instagram
ゴールドワンゴルフスクール 公式ブログ
ゴールドワンゴルフスクール 公式Facebookページ

カンゴ&マチャです。今年は手を使わないスイングを目指します。

 

このように膝立ちの状態でスイングをすると、しっかり体幹を捻じって捻じり戻さない(体幹ストレッチ)と右から左への荷重移動ができないということがよくわかります。アドレスで腹直筋(縦の腹筋)をしっかり上下に伸ばす。まるで戦国時代の鎧を纏っているかごとく背筋も横腹もすっきり伸ばす。伸ばしていないで猫背だと体を捻じることができません。

 

脇の下のラインと太腿の付け根の四角形を消しゴムのように捻じるイメージを持ちます。すると腹圧がかかって胴回りがギュッと締まりますね。これが捻転です。
ここで肩のラインをトップの状態に置いておき、腹筋を使って捻じり戻して、少し捻転差を広げるイメージを持ちます。(5秒くらいストレッチをしてから解放してやると効果が出ます)

 

体幹そのものの太い軸をデンデン太鼓の芯棒に例え、腕が紐というイメージができると、腕(紐)は後から巻き付くように下りてくるべきで、主動は常にエンジンである体幹が先行しなければならないのだ。デンデン太鼓の場合は手のひらの摩擦が(捻転捻じり戻し)で大きなトルクを発生させている。スイングイメージでも大きな手のひらが我々の胴体(体幹部を挟んで)を摩擦でこすっているようなイメージが欲しいものである。

 

冬眠期間に手打ちを防止するいいトレーニングです。あのマキロイも素早い腰の回転の原動力は腹筋のXファクター(捻転捻じり戻し)だといっています。


左手一本で2kgのヘビースティック(素振り用鉄棒)を使って、クォーツウオッチドリル(時計の指針と同じスピードで振る)を行なっています。

 

左サイドを鍛えてバランスの良いフィニッシュをとるのにとてもいいトレーニングです。めちゃくちゃきついですが、クラブが体の正面ある感覚、軸を感じてクルッとまわる動きが身に付きます。

 

動画にそっくりな動きを真似してみてください。

 

ポイントはトップから切り返す時に左頬とコメカミを不動にして、胸骨を右に向けたまま、みぞおちから下を捻じり戻す。スティックが左腰の高さに来た時に顔を左に回転させて目標を見ると左足に荷重できます。また、スイング中クラブのトゥ側を地面から持ち上げているイメージでスイングをしてください。

 

アスリートには1〜2kg、アベレージゴルファーは7番と8番アイアンを重ねて2本で行ってみてください。1日10回素振りを目安にしてください。きっとあなたの飛距離アップに役立つと思います。


スイングの中で一番大切なポジションは腰から腰(正面から見た9時から3時)の間の動きです。この腰から下のゾーンをいかに強くするかなんです!

 

動画のショットはG1伝統の草刈ショットです。アスリートは皆経験してきたトレーニングです。左サイドを鍛えるのは勿論のこと、腰から下のゾーンを安定させます。これはSWのリーディングエッジを鎌に見立てて、草の根元をできるだけ低く長く刈っていきます。前傾姿勢でクラブを左下へ振っていくので、かなり腹筋を使います。足元も重心を低くして右腰を回しながら押し込んでいかないと草の抵抗に負けてしまいます。

 

右腰の高さでクラブをピックアップ。タイミングよく右手を離して、自分から見て4時半の方向からシャフトが出てくる。前傾したまま背骨を中心にして、左背中半身を後方に引っ張ることでクラブをリードします。ヘッドを右足前から入れて左足前まで扇形に低く長く振り抜く。この時左手首内側とシャフトの角度(ハンドファースト)をキープしてグリップエンドは左腰ギリギリを通過。左肩の付け根からクラブヘッドの先まで1つのユニットにして自分から見て8時半の方向に振り抜きます。この時左手甲側がフラットリストであることは絶対条件である。

 

動画で分かるように、自分が8時半の方向に回り、少し離れてシャフトをセットしました。両脇を締めて左下へ振っていることがわかります。遠心力を感じてま〜るく振ってクラブが体を追い越していく感覚がわかると、必ずここを通過します。私は「8時半のスロット」と呼んでいます。

 

このドリルで、ゴルフに必要な筋力(スピード・パワー・粘り)がつくのはもちろんのこと、ラフからのショットはボールを直接打つのではなく、リーディングエッジで前後の草ごと鎌のように刈っていくというのがわかると思います。でも練習する時は前方に人がいないことを確かめて練習しましょう!


スイングに必要な正しい姿勢(体幹のセットアップ)ができれば、力強いボディーターンスイングを実現できます。そして、その正しい姿勢を意識してゴルフ体幹トレーニングを行うと、より一層スイングに磨きがかかります。

 

動画にみられるように、モップの棒の先にテンションの高いゴムバンドを取り付け、柱に括り付けます。棒を肩の上に担ぎ、足の付け根から曲げて前傾姿勢をとります。この時に以下のことに留意して構えをとってください。

 

1.胸襟を開く2.顎を引く 3.肩甲骨を背骨に寄せる 4.腹直筋を上下に伸ばす。すると、背筋がスッと伸びて、体幹に鎧兜を付けたように頑丈になります。(肋骨と肋骨の間が開くような感じです)

 

棒を回すというよりは、肩甲骨を背骨に寄せてロックオンして、体幹(脇の下のラインから足の付け根までの長方形ラインを体幹と呼ぶ)を消しゴムように捻じると腹部センターに腹圧がかかって細くなるイメージを持つといい。太い軸(体幹)を捻じるイメージができると軸ブレがなくなる。(背骨を軸の中心にしてクルクル回っているだけではダメ)

 

およそトップで肩のラインが90度、腰のラインが45度。そして、右太腿付け根のコマネチラインにしわが寄ります。この捻転角度差45度を変えずに、右に回っていたベルトのバックルを正面に戻す感じ(左内腿のライン上まで押し込む)で両膝を水平に押し込む。この時にチョットだけ左足小指側に踏み込む感じがほしい。

 

下半身のリードにより腰のラインが真正面を向いたときに、まだ肩のライン(胸の面)は右斜め下を向き、相変わらず捻転差をキープしている。腹直筋が縮まないように顎の高さをキープして、左脇の下から脇腹にかけてもうパンパンだ!

 

ここまで捻転差をキープできたら一気に開放して、腰、肩の回転スピードがMaxを迎える。しかし、この間の中味が濃い!股関節は割れたまま左臀部斜め後方へ荷重が乗って左足付け根のコマネチラインにしわが寄りながら回転する。腹筋の捻じり戻しの時に胸の面が起きないようにカバーリングしていることも忘れないように!

 

また、右肩(首の付け根)が顎の右側に触れる直前まで(肩のラインが20度オープンのあたりまで)左のこめかみと頬はトップの位置から微動だにしない。その後は右の肩甲骨に押し込まれて自然にボールの行方を追うのが正しい顔の上げ方(ヘッドリリース)です。

 

ヘッドリリースのタイミングに留意して、肩甲骨を背骨に寄せて回転できると、重心を低く保ったまま、とても深い捻じり戻しができます。おそらく背中が正面を向くほど捻じれることでしょう。これが飛ばしに直結します。

 

捻転差を守れずに、肩と腰のラインが並んでしまうと、手打ちになります。ゴムバンドでやるとわかります。フォローで上体が突っ込んでしまうので注意してください!


ラウンドの終盤になると、上体が突っ込んでボールを打ちにいく、ダウンで頭が下がるなどで、まともにボールに当たらなくなるといった経験がないだろうか?いくら技術的な面を指摘されても中々治らない。こんな時はアドレス時の姿勢からスイングが悪くなっていることが多い。

 

まず、腹部センター上下に走っている腹直筋が緩み、顎が前に出て背中が猫背になっていないか注意してほしい。これって肩甲骨が左右に開き、体幹が緩んでいる状態なので、腕や肩に力が入った状態でバックスイングすると、上体が傾いて体幹がグラグラ。しいては足もグラグラ。軸が安定しないので様々なミスを誘発します。姿勢(ポスチャー)をおろそかにすると一貫した動きができなくなるので要注意です!

 

動画にみられるように、1.胸襟を開く2.顎を引く 3.肩甲骨を背骨に寄せる 4.腹直筋を上下に伸ばす。これらに留意して構えをとると、背骨にピッと緊張が走り、体幹が鎧兜を付けたように頑丈になります。その上で棒(スティック)を肩の上に担ぎ、足の付け根を後方に引いて股関節を割って前傾姿勢をとります。

 

両腕を前にならえしてみてください。肩甲骨を締めて背中が平らな状態であれば、脇が締まって上腕が胸の上に乗った状態を作れる。これでスイング中の腕の半径が変わらなくなるはずです。この肩甲骨を背骨に寄せてロックオンした状態をScapula Region(スキャプラーリジョン)と呼びます。肩甲骨が手羽先のように開き両脇が空くと、腕の振りと体幹がバラバラになってコントロール不可能になります。

 

棒を回すというよりは、肩甲骨をロックオンして、体幹(通常、脇の下のラインから足の付け根までの長方形ラインを体幹と呼ぶ)を消しゴムように捻じると腹部センターに腹圧がかかって細くなるイメージを持つといい。太い軸(体幹)を捻じるイメージができると軸ブレがなくなる。(背骨を軸の中心にしてクルクル回っているだけではダメ)

 

およそトップで肩のラインが90度、腰のラインが45度。この捻転角度差45度を変えずに、右に回っていたベルトのバックルを正面に戻す感じ(左内腿のライン上まで押し込む)で両膝を水平に押し込む。この時に両内腿の間に挟んだビーチボールをぶっ潰すイメージを持つと両膝のラインが揃って力強い体重移動ができる。

 

下半身のリードにより腰のラインが真正面を向いたときに、まだ肩のライン(胸の面)は右斜め下を向き、相変わらず捻転差をキープしている。腹直筋が縮まないように顎の高さをキープして、左脇の下から脇腹にかけて後方に引く強い張りを感じるはずだ。

 

ここまで捻転差をキープできたら一気に開放して、腰、肩の回転スピードがMaxを迎える。しかし、この間の中味が濃い!股関節は割れたままで左臀部斜め後方へ荷重が乗って左足付け根のコマネチラインにしわが寄りながら回転する。また、右肩(首の付け根あたり)が顎の右側に触れる直前まで左のこめかみと頬はトップの位置から微動だにしない。その後は右の肩甲骨に押し込まれて自然にボールの行方を追うのが正しい顔の上げ方(ヘッドリリース)です。

 

ヘッドリリースのタイミングに留意して、肩甲骨を背骨に寄せて回転できると、重心を低く保ったまま、とても深い捻じり戻しができます。おそらく背中が正面を向くほど捻じれることでしょう。これが飛ばしに直結します。ぜひ参考にしてください!


Archives

website by Cube Net