ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

バックスイングなしでフェースにボールを乗せて運ぶことできますか?ボディーターンで打ててる人はできると思うんですが。。。

 

クラブを低くまーるく振る延長線上でボールと地面の隙間にフェースを滑り込ませるイメージをもつと、必ずハンドファーストでボールに対し低く押し込んだ形になります。

 

この時、地面をグッと抑え込む力(ダウンフォース)と土踏まず間で挟む力(マグネティックフォース)を使い、前傾姿勢を崩さずに腹筋を使って背中越しにボールを放る感じで回転します。低重心をキープしてフェースとボールの垂直抗力の高いスイングを心がけます。

 

厳密に言うとハンドファーストをキープしたまま、クラブのヒールが地面から浮かないように、ヒールの角っちょにボールを乗せて背中越しまで運ぶイメージです。タイミングよく左胸が後方に引けて、左手首がフラットリストでハンドファーストの状態がキープできていれば、フェースに乗る確率が高くなります。

 

要するに、インパクトを点として捉えるのでなく、ゾーンの中でたまたま置いてあるボールを拾っていったという感覚の人の方がフェースに乗るし、入射角も安定しています。私はこのドリルでダグフック(チーピン)に悩む中級者クラスの方々を改善に導いています。

 

ボールを当てに行く「点」イメージの人は、入射角がバラバラでフェース面が変わりやすいので、当たり負けするんです。弱々しい球はそのせいです!このドリルの時にフェース上部から転げ落ちてる人はアプローチの時にたいがいショートしているはずです。

 

根気よくやりましょう!スイングの根幹が見えてきますよ!ウェッジができれば他のアイアンは簡単です!手打ちだった方もビッグマッスルを稼働させれば、フェース面を安定させて体の回転で打てるようになります。


左足下がりの練習はアイアンを強くする!

 

ただ単に傾斜に逆らわずに背骨を地面と直角にセットしただけで、いつものスイングをするだけなのだが、アマチュアの皆さんにはそこが難しいみたいです!感覚的に物凄く左足荷重で構え、いつもより左斜め下に振っている感じなんだが、そこはしっかり練習しないと中々感覚が掴めないと思う。

 

動画にもあるように、ミスショットの大半はボールを上げようとして背骨が右に傾き(スウェイバック)、荷重が右足に残った時である。だいたいトップかダフリだ!このショットで大切なのはしっかりクラブをタメて下ろせること。ダウンと同時にキャストリリースしてたら、ダフリの温床で上達のめどが立たない。

 

いつもと同じで切り返しは、トップの左肩が開かないように左足の踏み込みと右膝のキックインを合図に右前腕の回外と同時にクラブを右腰横にストーンと垂直落下。引きつけて後ろから低くまーるく下ろしてきて、左手首内側とシャフトの角度(逆くの字)をキープしてクラブのヒール側から落下してタイミングよく左胸を後方に引いてやると、上手く抜けていきます。

 

また、アドレス時からどっしりとした腰の座りが大切。前面の太腿に両手が乗るくらい股関節を曲げて(引いて)構えることが大切。でもこれって一旦上にジャンプして着地した時の安定した重心位置と同じでノーマルアドレスです!

 

この股間節の角度を変えずに、左手の手刀が左太腿前面を擦って行けるぐらい左へ振り抜くのが、左足下がりに対する正確な円軌道を描けるかのキーポイントになります。ダウン時に左膝が伸びちゃう人はボールに届きませんからご注意ください!

 

左足下がりを克服し、しっかり球も上がって距離の出せる人はアイアンの名手と言っていいでしょう。タメてハンドファーストインパクトのできている証拠です!


いつもインパクトロフト過多で弱々しく高く上がって距離がでない。ミスショットの連続で初心者の域を脱しきれない皆さんには、是非このドリルをやってもらいたい。

 

タメ(巻きつき)はスイングの中核をなし、角速度を形成して、体を素早く回転するのに欠かせないパートである。

 

従来のタメと言うのは、トップから最短距離で上げて下ろす。ハッターで言う大根切りみたいなもの。この方が溜まって下りて来るように感じるみたいです。しかしこれだとグリップが前に出て肩が開いてドアスイングになり、スライスが止まらなくなる。

 

僕はトップからインパクトまでは助走をなるべく長く取るのが持論!巻きつきながら落下して、体の後ろから低くまーるく正面に戻すまでゆっくり、ゆっくりです。バックスイングが早くてもダウンは急がない。バックが遅いとダウンが早くなるから気をつけたい。

 

助走を長く取るには、ダウン時に正しい動きのシークエンス(順番)で体を巻き戻す事が大事。
切り返しで先に右肩やグリップが前にでたら、前述したようにドアスイングでカット軌道になる。

 

正しい動きはトップで奥にしまった右肩を前に出さずに、対極で1番遠い左足の踏込み→左脇腹の後方への切れの順で巻き戻し、トップで刀の鞘を残して刀だけを抜くイメージがゴルフスイングであり、タメを作る最良の方法なんです。

 

めちゃくちゃ巻きつくとか、トップに置き去りにするとか、下半身が下に沈み込むとか、様々な動きが想像されるでしょう?この動きが出来たら、インサイドアタックが可能になり、安定した入射角で捉えて、かるく振ってもめちゃくちゃ飛びますよ!

 

本来クラブをビュンビュン振り回す人の多くは体の硬い人が多く、体の回転やストレッチ性を重要視していません。よって余計アウトサイドイン軌道を誘うのです。正しいスイング理論を身につけ、ごく普通の柔軟性を維持していけば、長くゴルフができるし、飛ばしへの欲望も満たされると言うものです。

 

アライメントスティックでストレッチ性を感じながら巻きつくように振り続けると、自然とタメが身につきます。是非練習して下さい!


これを見たらあなたのスイングが手打ちかボディターンのどちらでスイングしているか一目瞭然!

 

残念ながら、殆どのゴルファーは前者でスイングをしています。バックスイングしたら、誰もがボールに向かって打ち付けたくなるのは当然の心理。要するに上げたら下ろせばいいんだ!って思うんです。

 

ゴルフ以外の投打スポーツの経験者ならこちらの説明で大方ご理解していただけると思いますが、力の伝導というものは足裏を通して地面から力をもらっています。よって捻転した体を下半身から解きほどき(左足の踏み込みと右膝のキックイン)、順々に体幹→腕→道具へとパワーを伝達していきます。これを動きのsequenceと言い、投打スポーツの一流選手は一貫性のあるsequenceでスイングフォームに流れがあるのが特徴です。

 

トップからクラブの落下に伴い、右手のひらが真上を向く感じで右肘を脇腹前に絞り込んでくると、クラブは体に巻きついてリリースのタイミングを遅らせることができる。回転軸をブラさずに手元を引きつけて小さく回転し続け、左胸がしっかり後方に引かれたあたりでインパクトを迎える。トップから打球直前まで粘りに粘って時間差(タメ)を作れると角速度が上がり、打球後の回転力が一気に向上!飛ばないわけがないでしょ!

 

トップから直線的に行かないように、クラブを持たないシャドースイングで体に染み込むまで練習してください。お願いします!


効率の良いスイングとは一体どのようなスイングのことをいうのか?

 

普段皆さんからよく頂く質問も交えながら

 

・なぜクラブは丸く振るのか?
・タメってどうやったらできるの?必要なの?
・なぜトップからクラブは落下して4時半からインパクトに向かうのがいいのか?
・なぜハンマー投げのイメージがいいのか?

 

これまで縦振りスイングを追求してきた方には大いに疑問があると思う。

 

全ては慣性モーメントを小さくして(腕が回転軸から離れないようにクラブを巻きつけて)回転をしやすくするためである。他の投打スポーツでも同じような共通点が見られます。体の小さい日本人は回転力をつけて、自分に適したクラブを使い、一貫性のある動きで飛ばしを追求する。これに限ります!

 

参考にして頂いて堅実なゴルフを目指してください!


Archives

website by Cube Net