ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

2020年のオーストラリアレッスンについて

2020年1月開始のオーストラリアレッスンですが、新公式サイトにてご予約を開始しております。
レッスンコースは1月からシャトレーゼ レイクランズゴルフクラブに変更となり、レッスン料の変更もございます。

レッスンのご予約は新公式サイト オーストラリアレッスンページ
https://www.goldonegolfschool.com/auslsn/
よりお願い致します。


公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転致しました。
これに伴い、こちらのサイトは旧サイトとなり、こちらではレッスンのご予約、お問い合わせは受付しておりません。
レッスンのご予約、お問い合わせは全て新公式サイトよりお願い致します。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

さぁ今回はG1理論の秘密のベールに突入だ!

 

これまで参加の皆さまには指導しましたが、初めて見る人は恐らく驚かれるであろう。はじめに言っておくが、今回のテーマはハンドファーストで押し込むインパクトへの挑戦だから、理論を聞けば納得して頂けると思う。

 

動画に見られるように、頭の後ろでイメージシャフトを持ち、右手親指の腹でグリップを下から支えます。立位姿勢から肩の高さの布団を真横から水平にまーるく叩くイメージをして欲しい。その時、右手甲側の裏面を使って、肘から手の甲のラインでシャフトごと押し込むようにヒット!当たる時にタイミングよく左胸を後方に引いてやると、シャフトの面の大半が当たり、パンッという凄い音が鳴ります。体幹の回転(捻り戻し)なしでは垂直抗力の高いインパクトは望めないし、到底ハンドファーストのインパクトもできない!

 

次はトップからイメージシャフトの垂直落下を利用して右前腕を回外しクラブを後方に倒したら、左膝下の発泡スチロールを裏面でヒット!この時も右手のひらとフェースを真上に向けながら下ろし、左サイドの引き(左腕を前に出して左手のひらを目標に向けた状態で左胸を後方に引く)と一緒に右肘内側ー裏面ーシャフトの3点ラインで面を感じて押し込む。トップ時の左頬の角度を変えずに右肘がグーンと中に入ってくるとハンドファーストインパクトが必ず実現できる。

 

ここで一度左手をつけてやりましょう。右手一本だとインパクトで随分と左肩が後方に引けて見えたが、左手をつけて見るとそんなに引けて見えない。インパクトゾーンの出口(左足外側ライン)では左脇が締まりクラブデザイン通りの形が見える。これが真のハンドファーストインパクトだ!

 

右手一本のイメージシャフトの水平打ちもこれも、何も考えずに普通に振ったらシャフトの先端から当たって、面を感じて押し込む動きなんか到底できない!要するにこれが手打ちでありキャスティングなんです!

 

胸の面(左肩)を開かずに下半身リードで捻転差を感じながら、右前腕を回外してクラブを後方に倒したら、シャフトの内側が体側に巻きついて体の後ろからクラブをまーるく振ってやります。裏面ヒットの感覚で面を感じながら体幹を捻り戻し、背中を完全に入れ替えて再びリコイル。体の周り360度クラブをまわしてやる。これが真のボディーターンです!右に飛んで行っちゃう感じがするのは、手元を操作しちゃうか、インパクト以降の両肩の回転量が少ないからです。根気よく練習しましょう!


ゴルフの飛ばしを身体動作学的に調査する番組があって、マキロイ、ババ・ワトソン、ダスティン・ジョンソンが出演していた。

 

3人とも紛れもない飛ばし屋だが、マキロイはフットワークで回転力を生み出し、ワトソンは遠心力を生かしたビッグアークで、ジョンソンは柔軟性が生み出す肩と腰の捻転差が飛ばしの要因であった。

 

この三つの要素をいっぺんに体感できて、スイングに勢いをつけるドリルが、このクラブ跳ね上げドリルです。G1の生徒さんもこのドリルで小気味好く動けるようになって、飛距離を伸ばしています!

 

まずこのドリルをやる前に、動画に見られるように前方にクラブを振って、右足踵の踏み込みを合図に反動をつけて右腰の横まで両腕の三角形を崩さずに遠心力を感じてノーコックで低く真っ直ぐ後方に引く練習を十数回してください。右のお尻に荷重してグリップの隙間からクラブが真っ直ぐ後方にすっ飛んで行きそうな感じです。遠心力を感じれたら、タイミングよく背中を捻る練習をして、しっかり肩が顎の下に入るまで振り上げてください。

 

右足踵を踏み込んで背中を捻ることによって、ヘッドがワンテンポ遅れてしなりを感じて上がるようになります。この運動様式が理解できると、リラックスできればすっと勝手に上がって行きます。

 

動画でも言っていますが、ワッグル(手首をリラックスさせるゆらぎ運動)と腰を横に小刻みに振って足をタッピングさせて、止まったらスッと上がるように動ける体の準備をしておくことは非常に大切です。考えすぎて凍り固まったところから勢いあるスイングを形成するのは不可能です。

 

スムーズに上がるようになったら、パートナーにグリップの下あたりを動画のように勢いよく跳ね上げてもらってください。最初の数球はタイミングが合わないのは当たり前です。動ける体を準備して、前方から反動で戻ってくるタイミングを図ります(イメージ)。跳ね上げてもらうタイミングと同調すると、クラブも体もしなって勢いよく上がります。

 

勢いのあるなかで、胸の面が右を向き、右肩を出さずに左足踵の踏込みができると肩と腰の捻転差の効いたボディーターンができます。かなりのヘッドスピードが期待できて、驚くほど飛びますよ!

 

ただし周りに気をつけて練習してくださいね!


巷ではスイング時の床反力(地面反力)が話題だそうですが、G1も賛成です!脚が使えないと飛びませんからね!

 

スイング中に脚を使っていると言っても、目に見える緩みではいけません!例えば足裏がめくれるとか、左右に膝が割れるとか、インパクトで脚の付け根が伸びあがっちゃうほどジャンプしてるとかではいけません!

 

脚を使っていると言っても、本当は意外と静かなものです。次回股関節の使い方を説明しますが、簡単に教えておきましょう。実は脚というよりは股関節を使うんです。脚の付け根から前傾すると股関節が稼働します。

 

両足の上にサラダボールが乗っていると想像してください。緩やかなUの字に沿って右脇腹を切り上げ(コマネチラインを切り上げる))て、ダウンで少し沈んで、フォローサイドで左脇腹を切り上げると両膝にクッション性が感じられて、沈んでから地面の跳ね返りを利用できる。

 

このリズムでホースを振って欲しい。左足の踏み込みとか右膝のキックイン、ダウンフォースやマグネティックホースだとか言っていますが、そのことがいっぺんにわかります。

 

動画のように右腰の横まで両腕の三角形を崩さずに最大の遠心力を感じたら、自分の方に引きつけて(求心力)、ホースを背中の上部ラインに巻きつけ、先っぽが左脇の下に当たるようにする。その巻きつくタイミングで前述のフットワークが使えたら、反復性の高い巻きつきスイングができるようになります。

 

フラフープドリルも胸の面が開かないように、前述のフットワークができるとタメの効いたダウンスイングができます。この冬はこれらの道具を使って、巻きつきスイングを覚えてもらいたい!これらを完全に理解できているかは2月の土田コーチによる球を打たないスイング構築トレーニングレッスンで確認できます。ぜひ、ご参加ください!


 

2017年からインスタグラムを始めました。
たくさんのフォローありがとうございます。
動画のまとめを作りました。

 

先月、12/20に行われた兵庫県丹波市ひかみCCキャンプと年末年始の12/29〜1/3に行われた東京学芸大インドアレッスン3 のインスタレッスン動画特集です!

 

これまでのミニレッスン動画特集(1)〜(8)のご視聴ありがとうございました。


2017年からインスタグラムを始めました。
たくさんのフォローありがとうございます。
動画のまとめを作りました。

 

先月に行われた、千葉県市原市の米原CCレッスン 12/13〜12/14のインスタレッスン動画特集です!

 

皆さん、インスタグラムミニレッスンのアップ頻度はYoutubeよりはるかに多いです。こちらもよろしくお願いします!インスタの検索はgoldonegolfです。


Archives

website by Cube Net