ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

新米コーチタックンです。ベーシックコース初日。

僕が大学院で勉強している運動力学(バイオメカニクス)をゴルフスイングと絡めて、皆さんと共有しました。

捻転角度差というワードは非常に誤解を招きやすいということを丁寧に解説していきながら、ドリルを使って修正していきました。

スイング始動時に腰(下半身)を固定して、腕を振り上げている人が多いです。この動作は、あおり打ちの原因になってしまいます。

クラブと両肘が身体の内側におさまりながらテークバックすると、右股関節にズボンのシワができる。

これは左右の腰を結んだラインが時計回りに約30度(適正値)回っている証拠であり、下半身リードに不可欠な予備動作なんです!

7日(土)の午前中は雨の予報ですが、今のところたいして降りません。ゴルフ場がクローズにならない限り、レッスンは行います。


Archives

website by Cube Net