ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

この練習はしたほうがいい!帽子のつばを壁や柱に当て、前方を真っ直ぐ見ながら、首から下(胸を右に回す)を捻転する訓練です。顎を上げて喉仏にスペースがあると肩も入りやすい。おでこをつけて真下を見ながら回す練習はやらないでください!

 

首の付け根(第七頚椎)を意識して、胸を回せるようになれば、手であげたり、頭を揺さぶっている捻転不足の人を矯正できます。肩が入って右足太腿に荷重できたら、帽子のつばはちょっとぐらい右に動いてもいいから、しっかり練習してください。

 

前半は第七頚椎を動かさないように胸の回転を意識するが、トップ付近では鼻先が25〜30度くらい右にまわっていいのです。というか回してください!全く顔の向きを変えないでトップを迎えるのは不可能に近いです。それでは荷重が右太腿に乗らず、背骨が左に傾いてリバースピボット(逆体重移動)になってしまいます。

 

動画にあるように、トップで胸骨が右足土踏まず内側の垂線上にあれば、鼻先が25度回転してボールを右斜め上から見て、右足太腿に荷重している最高のポジションと言えます。


Archives

website by Cube Net