ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

板橋 コーチとタックンがスイング軸・荷重移動・地面反力の関連性について学んでくれていて、非常に頼もしい限りです。

 

G1の理論もクラブの進化とともに少しずつ変化が見られます。以前はダウンの切り返しで、胸が開かないように左腰を左足外側の垂線上までバンプさせてからターンしていました。荷重の移動幅は大きく、ボールはドロー一辺倒というぐらい捕まる球を追求していました。

 

それがクラブの低重心化とソール形状の変化とともに、上からではなく、クラブを体の後ろから低くまーるく振るスイープ打法に変化。すると当然、今までより右軸、ボールの右側で回転するイメージとなり、荷重移動は少なくなる。

 

バックスイングで右足太腿に荷重して股関節に入れることが大事です。それには胸が右に回転し、胸骨が右足土踏まずの内側垂線上まで来ることが大事。それが、右足を超えちゃうようだとスエーなので注意したいですね!

 

これもキーポイントですが、トップ時の左頬の角度を変えないで、左頬と胸骨は1cm足りとも左方向へ動かさないつもりで、下半身リードで切り返します。右足股関節がはまったまま、左足は低く踏み込み、右膝はキックインして、お尻がぐーんっと5cmぐらい下に下がります。

 

よく板橋 コーチが言っている、大きな重い扉を右から左へ開く時の動作がこの形で、上体は右に置き下半身を低く踏み込んで、上下の捻転差を感じながら体幹の捻り戻しでクラブを引っ張ってくる。ドライバーに必要な浅い入射角でヒットするためのモーションです!

 

この動きは訓練したいですね!上下の捻転差を感じた後は、その場で回転してスーッと立ってください!左足土踏まずの内側でくるっと回る感じです。

 

ぼくはこのスイング軸ドリルを感じられるようになってから、くるっと回転しやすくなりました。ボールの回転数も抑えられ、安定した弾道で飛ばせるようになりました。ぜひ練習してください!

 


Archives

website by Cube Net