ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

こんちにはツッチーです。米原キャンプ初日は小雨の中行われました。

 

9時からの1時間は板橋コーチによるゴルフスイングの講義から始まりました。
タメになる話しで、チョット感動!!ボールを打つことだけが上達に繋がるとは限らないということを実感!

 

ストレッチをしながら皆さんの肩甲骨周り、肘、股関節、広背筋の稼動域をチェック。今後のスイングの指標となるレクチャーに、皆さん真剣聞いていました。

 

G1スイングはハンマー投げや円盤投げてのイメージに近いのです。ダウンスイングの前半は左肩が開かないように右サイドでインサイドアタック(4時半の位置に降ろす)をつくり、そこからは何もしない。

 

ダウンの後半は左の背中や左の胸を後方にグッと引いて、背中を入れ替える感じですが回転すると自然と手がインパクトの位置に戻ってくるのです。

 

これを皆さんは右手で打ちにいってしまうからミスをする。最初の1時間の内にスイングイメージを作ることスムーズにレッスンすることが出来ました。


Archives

website by Cube Net