ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

先週からゴルフを始めたY.Eさん。
身体もガチガチで最初は全く当たりませんでした。
真正面にいる私に4回もボールを当てたぐらいですから(爆笑)。
それでも、レッスンの終わりにはアプローチスイングで50m打つことができました。
今日のレッスンでは
1.胸の前に十字に手を組み、のど仏を中心に両肩をあごの下まで回転させる。
2.背すじをしっかり伸ばして、腕を真下にダラーッと脱力した姿勢をつくったら、ドアノブをカチャカチャ回すようにゆるゆる体操をする。この脱力感がこの後の動きをスムーズにした。
3.ボールカゴを持ってアドレスする。胸と正対したままバックスイングを行い、右肘を折たたんで、右手のひらを正面に向けるようにする。同じようにフォローでも左サイドを行う。実際この動きでボールカゴを投げてみる。腰がクルッと回る時とリリースするタイミングが合えば、カゴは真っ直ぐ投げることができる。このドリルで常に腕と胸は同調して動くことを覚える。

20060408-y.e.jpg

4.フィニッシュで左足の真上に真っ直ぐ立ち、右膝を左膝にくっつけるようにする。右足つま先で地面をトントン叩ければ、体重移動も完璧!クラブシャフトは帽子の後ろに地面と平行に収まるようにする。
これらのドリルを体得し、ピッチングで80m、7番アイアンで130m飛んだY.Eさんは、ご満悦!
脱力して身体の回転でスイングすれば楽に飛ばせるコツがわかったようです。


今日のレッスンではサンドウェッジのヒンジングホールドショットを教えた。別名 クリックショットとも言う。当たった音がマウスのクリック音に似ているからです。
この打ち方はボールに小さな圧縮を加えて、低くスピンがかかりながら、転がしていく打ち方だ!日本ではスピンボールとでも言うのでしょうか?
1.クラブを短く持ち、ボールは右足つま先前に置く。
2.体重配分は左7右3の割合で、少しハンドファーストに構える。
3.クラブヘッドを低い軌道で上げる意識を持ち、上半身の動きに合わせて手首は自然にコックしていく。
4.切り返しでは右膝を飛球方向に送り込み、手首のコックを解かないようにして、クラブのリーディングエッジをボールの赤道に当てるようにインパクトする。
5.フォローではフェース面を変えないように、ヘッド低く出していく。

20060419-pitti.jpg

ポイントは怖がらずにハンドファーストで、ボールの赤道をトップするつもりで打っていくことです。そして、ボールを圧縮することも大事だ!この感覚を覚えるにはクラブのリーディングエッジを何かの角に押し当てるとわかる。実際、ダフッたボールではいくらやってもスピンはかかりません。それは、スピンの要素はトップボールにあるからです。生徒さん達も、この打ち方を覚えて大喜び!このショットはスピンコントロールの第一歩です。
今後も様々なショットを教えいていきます。


今日は午後から豪雨と雷。
幸いラウンドレッスンは午前中だったため、無事回ることができた。
香川から来た14歳の中学生K.S君(ゴルフ暦1年)春休みを利用しての参加だ!
入校したのは2日前、最初に見たときの印象はのけ反ったフィニッシュ、極端なインサイドアウト軌道でマン振りスイング。ジュニアゴルファーによく見られるケースだ。インパクトで詰まってプッシュアウトが良く出る。このままこのスイングを続けていると、必ず腰をやられる。その日に矯正した。
1.オープンスタンスにしてバックスイングで腰が回りす  ぎるのを抑える。
2.ショートバックスイング(シャフトが空を指す程度)
3.トップで左肘を突っ張らない
4.ダウンで頭を飛球線方向にながさない
5.ボールを一旦左に出して、小さなスライスボールを   打たせる
6.フィニッシュで右肩があごの下にくるまで回して、   左足一本で立つようにした。そうすれば、右足つま先 でトントン地面を叩いてバランスよく立つことができる。
私はこのようなケースでは、逆発想転換で考える。
極端なインサイドアウトのためにフックとプッシュアウトが起こるのなら、極端なアウトサイドインでスライスまたは引っかけを打つようにすればいい。K.S君の場合は左45度に打つように心がけて次第にストレートボールに変化していった。
K.S君は今日のラウンドで見違えるようなボールが打てるようになり、これまでのベストスコア87から81(40・41)に更新することができた。
ラウンド中、私のアドバイス通りのコースマネージメントを実践し、残り2ホールを残して70台がでる勢いだった。私自身ものすごく興奮した。この瞬間はコーチでしか味わえない瞬間だ。しかし、ショートパットが入らずそれは達成できなかった。データーを振り返ってみると
2m以内のショートパットが5回も入っていない。
ヘッドを閉じてフォローで開くカット打ちのためだ。
ラウンド終了後、1.5mサークルパット20回連続カップインと軌道修正をした。70台ももうすぐだ!頑張れ中学生!


水曜日と金曜日の夜はビーチサイドでナイトマーケットがあります。
気の利いたおみやげ物を探したり、晩御飯後の散歩にぶらぶら歩いてみると楽しいですよ。

20060331-IMG_3275_1_1_1_1_4_1.JPG

私のおすすめはせっけんです。
手作りだからたくさんの種類の色や香りが選べるよ。お手ごろなお値段でお土産にも最適★
ほかにも地元のビール瓶を加工したチーズプレートや、木製のおもちゃ、キーホルダーなどなどたくさん。


ゴールドコーストでの観光なににしようかなぁ。。。と悩んでる方は絶対このツアー!
海も山もオーストラリアの自然を100%満喫できるよ。
朝7時、サーファーズを出発。
のんびりとフェリー乗り場までの田舎道を走ります。
途中運がよければ野生のカンガルーやコアラが見れるよ。
島に渡ってまず向かうのは【ブラウン湖】
20060331-IMG_3645_1_1.JPG

こんな感じで、湖なのに茶色。
汚いわけじゃないんですよ。茶色いわけは湖の周りに生えているティートゥリーのせい。
ティートゥリー(直訳すると紅茶の木)の成分が湖に染み出して、名前どうり紅茶色になっているんです。
ここで、原住民のアボリジニの生活などについてちょっとお勉強します。
お勉強すると、早起きのせいもありちょっと眠たくなるもの。
しかしこのツアーここからがすごいんです。
眠るどころか、絶叫山道に入っていきます。
えっ!ここ走るの?という道なき道を猛スピードで駆け抜けます。
手すりをつかみすぎて、手が痛いほど。
ようやくビーチに出ます。
運がよければ、ピピ貝をとります。
null
ランチはバーベキュー。
出来上がるまで自由時間。
海で泳いだり、ボディーボードにチャレンジしたり、釣りをしたり、のんびりしたり。
20060331-IMG_3679_1_1.JPG
自然の空気も、青空も、海の潮風も、すべてが調味料!
ビールも思わずすすんじゃいます。
一度おためしあれ。
  通常175ドル → G1スペシャルプライス 166ドル


Archives

website by Cube Net