ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

オーストラリアレッスンについて

オーストラリアレッスンの新スケジュールですが、
6/24日(月)の週からレッスン再開を予定しております。
正式なレッスンの告知は新公式サイトより4/1日(月)に、4/5(金)に予約を開始する予定です。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

FAQ よくある質問

皆様から寄せられるよくある質問をまとめました

G1のレッスンって(3)?

レッスン終了の段階で、よくある質問です。

「習得したスイングやアプローチの理論を長くキープするには、帰国後どんな工夫が必要ですか?」
というのがあります。

 

レッスン中はこと細かくメモする方や、重要なことをビデオ等に記録されている方など様々です。
大事なことなので、来豪の際はぜひ実行してもらいたいですね。

 

帰国しても時間が許す限り、練習場に通ってください。安心していると、元のスイングが顔を出しますからね。
そして、大事なことはポカスカ球数を多く打つ練習よりも、一貫した動作で柔らかく打つ練習、質のほうに重点を置いて下さい。

 

しばらく練習場では、一番短いゴムティー(理想はマットから1cm未満でる)にボールを乗せて、ボールだけクリーン(柔らかい打感)にとらえる練習をしてください。そして、フィニッシュではボールが落下するまで左足の上で5秒間真っすぐ立つようにインバランスフィニッシュを心がけてください。

 

この練習では、これらの事項を思い出させてくれます。
地道な練習が入射角の安定、しいては適正弾道につながります

 

1. 遠心力を感じられるくらいのソフトグリップで握ることの大切さ。

2. 胸の回転を主体に腕の三角形(懐)を崩さずに、体を使ってワンピースに上がることの大切さ。

3.トップでシャフトのしなりを感じて、腰のリードと右肘でタメを作る大切さ

4.クラブが体をパスする感覚で、前傾している体軸の周りをまーるい軌道で振るイメージの大切さ。

5. 飛ばしの原動力となる、腰をピッと切る動きは内腿から両足拇指球にかけて内側にギュっ挟む緊張感が大切。

6.左足裏がめくれないで両太腿がぴったりしまったインバランスのフィニッシュの大切さ。

 

 

G1に参加したトップハンデの人で、今でも一切マットの上で練習しなくても低ハンデを維持している人がいます。
その人はグリップエンドを地面に向けて下してボールを上から潰す打ち方から、低く横から払い打つ打ち方に変えて成功しています。
低重心のクラブでだったら、十分球を上げてくれるし、どんなにハイティーだろうが、難なく打ててしまいます。

 

元来、日本の芝は西洋芝に比べると沈まず、芝生の上に乗っている感じだという。
(豪州のプロが言うにはブラシ、まるでたわしの上にボールが乗っているようだと表現します)よって、強く上からダウンブローに入れようとすると、フェースが被って引っかけやすいと言うことです。

 

力が抜けて安定した同じ弾道の高さで飛ばせるようになったら、マットの上で練習してください。

 

マットは芝の上に比べてダフっている感覚がわかりにくいというのがあります。
練習場で怒られる心配がなければ、マットの真ん中にチョークみたいなもので縦線を引いてもいいし、カラー(ビニール)テープを貼り付けられれば、それにこしたことはありません。
また、ボールの後方15cmにタオルを置いてみるのもいいでしょう。

 

 

始めは素振りで線上ギリギリにヘッドの重みを感じて、クラブのヒール側から落とす練習をします。

こうして、左手首の内側の角度をほどかずにハンドファーストで捉える感覚を覚えます。

インパクトから先は惰性で振られる感じで、グリップエンドとへそが一体となって腰のラインに沿って体の左へ振っていくようにして下さい。


ダフらずに落とせるようになったら、線上の1~2cm先にボール並べて打ってみて下さい。
「カツンッ」と先にボールに当たってから、マットの上をソールが滑っていくようなれば、本番使用のスイングになっている証拠です。

 

力みだしてフィニッシュでバランスがとれなくなったり、マットをドスンドスン叩くようになったら、また繰り返しティーの上で払い打つ練習をしてください。

 

よく納得のいくまで打ちたい方がいますが、当たってる時間と当たらない時間が必ずあります。
終了間際に頭がパニックになっていると、最悪ですね。
日本の練習場だったら、球数は100球程度にして練習は調子のいいところで終りにして、気持ちよく打って気持ちよく帰るのがベターです。
そのサイクルを週2,3回続けていくことが大切です。
練習を苦痛に感じる練習はあまりしてほしくないものです。


website by Cube Net